Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

コンポーネント メタデータ健全性チェックが無効な状態エラーで失敗する (2147405)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事「Component metadata health check fails with invalid state error (2145347)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。  

  • vSAN 健全性チェック プラグインで、Component metadata health テストが Failed と報告される。
  • コンポーネント UUID で、コンポーネントの状態が Invalid state と報告される。
  • vCenter Server のクラスタ レベル > [監視] > [Virtual San] > [健全性] で、次のようなエラーが表示される。

Purpose

この記事では、Component metadata health アラームを引き起こす Invalid state を修正する方法を説明します。 

Cause

この問題は、破損したメタデータを持つことになる vSAN Local Log Structured Object Management (LSOM) コンポーネントが原因で発生します。

:「許容するホスト障害の数」のポリシー オプションが 0 よりも大きく設定されていれば、通常この問題は、仮想マシン オブジェクトの可用性に影響しません。

Resolution

この問題は、ESXi 6.0、パッチ ESXi600-201611001 で解決されており、VMware Patch Downloads から入手できます。

パッチのダウンロードの詳細については、「How to download patches in MyVMware (1021623)」を参照してください。

重要
  • 現時点で無効な状態のコンポーネントがない場合は、そのパッチにアップグレードするだけで十分です。
  • vSAN クラスタですでに無効な状態のエラーが報告されている場合は、破損したコンポーネントを含むディスクやディスク グループを退避または破棄して、そのコンポーネントで消費されていた領域を回復し、アラームをクリアする必要があります。
障害シナリオのほとんどは、ESXi 6.0 パッチ ESXi600-201611001 で対処されました。ただし、ごくまれに、手動によるディスクの削除が必要となる場合があります。これが必要な場合は、「追加情報」セクションに詳しく説明されている、手動による識別と破棄の手順を参照してください。また、識別の処理を自動化できるスクリプトも用意されています。

Additional Information

破損したコンポーネントを手動で識別して破棄する処理:
  1. 使用する ESXi ビルドの最新のオンディスク バージョンを使用していることを確認します。オンディスク フォーマットのバージョンの詳細については、以下を参照してください。

  2. 添付のスクリプトを使用して、破損したコンポーネントがあるディスクやディスク グループを特定します。 

    :スクリプトは、識別することのみを目的としたもので、データの修正は発生しません。

    1. アーカイブ 2145347_IdentifyInvalidComponentsVsan.zip を ESXi ホストの temp ディレクトリに展開します。
    2. IdentifyInvalidComponentsVsan.sh スクリプトを実行します。 
    3. スクリプトの出力をメモ帳にコピーして、手順 4 に進みます。

  3. また、スクリプトを使用できない場合は、次の手順を実行します。

    1. コンポーネント メタデータ健全性チェック エラーのリストにあるコンポーネント UUID を書き留めます。
    2. RVC に接続し、次の場所に移動します: /localhost/<Your Datacenter>/computers folder 
    3. 次のコマンドを実行します。

      vsan.cmmds_find 0 -u <component uuid>

      出力は、次のようになります。

      vsan.cmmds_find 0 -u dc3ae056-0c5d-1568-8299-a0369f56ddc0

      ----+---------+-----------------------------------------------------------+
      | Health  | Content                                                   |
      +---------+-----------------------------------------------------------+
      | Healthy | {"diskUuid"=>"52e5ec68-00f5-04d6-a776-f28238309453",      |
      |         |  "compositeUuid"=>"92559d56-1240-e692-08f3-a0369f56ddc0", 
      |         |  "capacityUsed"=>167772160,                               |
      |         |  "physCapacityUsed"=>167772160,                           | 
      |         |  "dedupUniquenessMetric"=>0,                              |
      |         |  "formatVersion"=>1}                                      |
      +---------+-----------------------------------------------------------+

    4. 先の出力から得た diskUuid を書き留めます。
    5. 次のコマンドを実行します。 

      vsan.cmmds_find 0 -t DISK -u <disk uuid>

      出力は、次のようになります。

       > vsan.cmmds_find 0 -t DISK -u 52e5ec68-00f5-04d6-a776-f28238309453
         | Health  | Content                                               |
      ---+---------+-------------------------------------------------------+
         | Healthy | {"capacity"=>145303273472,                            |
         |         |  "iops"=>100,                                         |
         |         |  "iopsWritePenalty"=>10000000,                        |
         |         |  "throughput"=>200000000,                             |
         |         |  "throughputWritePenalty"=>0,                         |
         |         |  "latency"=>3400000,                                  |
         |         |  "latencyDeviation"=>0,                               |
         |         |  "reliabilityBase"=>10,                               |
         |         |  "reliabilityExponent"=>15,                           |
         |         |  "mtbf"=>1600000,                                     |
         |         |  "l2CacheCapacity"=>0,                                |  
         |         |  "l1CacheCapacity"=>16777216,                         |
         |         |  "isSsd"=>0,                                          |   
         |         |  "ssdUuid"=>"52bbb266-3a4e-f93a-9a2c-9a91c066a31e",   |
         |         |  "volumeName"=>"NA",                                  |
         |         |  "formatVersion"=>"3",                                |
         |         |  "devName"=>"naa.600508b1001c5c0b1ac1fac2ff96c2b2:2", | 
         |         |  "ssdCapacity"=>0,                                    |
         |         |  "rdtMuxGroup"=>80011761497760,                       |
         |         |  "maxComponents"=>47661,                              |
         |         |  "logicalCapacity"=>0,                                |
         |         |  "physDiskCapacity"=>0,                               |
         |         |  "dedupScope"=>0}                                     |
      ---+---------+-------------------------------------------------------+


    6. naa ID を書き留めます。この場合は、破損したコンポーネントをホストする naa.600508b1001c5c0b1ac1fac2ff96c2b2, です。
    7. Invalid state のすべてのコンポーネントに対して手順 a から f を繰り返し、影響を受ける各ディスクを特定します。

  4. 破損したコンポーネントを持つディスクを特定したら、vSphere Web Client を使用してディスクを安全に破棄します。

    1. vSphere Web Client を開きます。
    2. [vCenter Server] > [データセンター] > [クラスタ] > [管理] > [Virtual SAN] > [ディスク管理] に移動します。
    3. 破損したコンポーネントを持つディスクを選択します。

      :vSAN クラスタに適切な空き容量があれば、同じディスク グループ内に破損したコンポーネントを持つディスクが複数ある場合は、ディスク グループ全体を破棄する方が簡単です。

    4. ディスクまたはディスク グループを破棄します。

      警告
      :[データの移行なし] オプションは使用しないでください。

      VMware では、[全データの移行] オプションを使用してデータの整合性と可用性を確保することをお勧めしています。vSAN クラスタの空き容量が不足していて全データの移行ができない場合は、[アクセシビリティの確保] オプションを使用します。 

      詳細については、『Administering VMware Virtual SAN guide』の「Virtual SAN からディスク グループやデバイスを削除する」セクションの説明を参照してください。 

  5. ディスクを vSAN 構成にもう一度追加します。詳細については、『Administering VMware Virtual SAN guide』の「ディスク グループへのデバイスの追加」セクションを参照してください。

RVC の使用の詳細については、以下を参照してください。

Tags

コンポーネントメタデータヘルス

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: