Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

サイト内の外部 PSC 間で vCenter Server 6.x を再ポイントする方法 (2118870)

  • 1 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事「How to repoint vCenter Server 6.x between External PSC within a site (2113917)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。 

Purpose

この記事では、vCenter Server 6.0 を、vSphere ドメイン内の同じサイトにある別の外部 Platform Service Controller (PSC) に再ポイントする手順を説明します。

組み込み PSC から外部 PSC へのポイントの場合はこの記事を参照しないでください。   

vSphere ドメインにおける異なるタイプの再ポイントの説明については、次の表を参照してください。現在のところ、再ポイントは、同じ vSphere ドメインにある Platform Service Controller ノードでのみ行うことができます。

再ポイントのタイプ 記事
サイト内の再ポイント この記事の内容は、次のとおりです。
サイト間での再ポイント 1 Repointing the VMware vCenter Server 6.0 between Sites in a vSphere Domain (2131191)
組み込み PSC から外部 PSC への再ポイント 2 vSphere アップグレード ガイドの「Reconfigure vCenter Server with Embedded Platform Services Controller to vCenter Server with External Platform Services Controller

  1. vSphere 6.0 Update 1 から、vSphere ドメイン内のサイト間で vCenter Server を移動できるようになりました。このプロセスを使用するには、vCenter Server と Platform Services Controller を Update 1 にアップグレードする必要があります。

  2. vSphere 6.0 Update 1 から、vCenter Server の組み込み Platform Services Controller を廃止して、vCenter Server を外部 Platform Service Controller に再ポイントできるようになりました。このプロセスを使用するには、vCenter Server と Platform Services Controller を Update 1 にアップグレードする必要があります。

Resolution

同じサイトにある外部 Platform Services Controller 間で vCenter Server を移動するには:

vCenter Server Appliance を同じサイトにある別の外部 Platform Service Controller に再ポイントする

  1. vCenter Server Appliance コンソールに root ユーザーとしてログインします。
  2. 次のコマンドを実行します。

    shell.set --enabled true
     

  3. シェル コマンドを実行します。
  4. 次のコマンドを実行して、vCenter Server Appliance を Platform Services Controller (PSC) アプライアンスに再ポイントします。

    cmsso-util repoint --repoint-psc systemname_of_second_PSC

    ここで、systemname_of_second_PSC は、2 つ目の Platform Services Controller を特定するシステム名です。 

     
    • システム名は、FQDN か IP アドレスにする必要があり、FQDN では大文字と小文字が区別されます。
    • 2 つ目の Platform Services Controller が、最初の Platform Services Controller の HTTPS ポートとは異なる HTTPS ポート上で稼働している場合は、次のコマンドでポート番号を更新します。

      cmsso-util repoint --repoint-psc systemname_of_second_PSC --dc-port port_number

  5. vSphere Web Client を使用して vCenter Server Appliance の vCenter Server インスタンスにログインし、vCenter Server が実行中で管理可能であることを確認します。
Windows vCenter Server を別の外部 Platform Service Controller に再ポイントする

  1. vCenter Server をインストールした仮想マシンまたは物理サーバに管理者としてログインします。
  2. [スタート] > [ファイル名を指定して実行] をクリックし、「cmd」と入力して Enter キーを押します。
  3. 次のコマンドを実行して、vCenter Server インスタンスを 2 つ目の Platform Services Controller に再ポイントします。

    C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin\cmsso-util repoint --repoint-psc systemname_of_second_PSC --dc-port port_number

    ここで、system_name_of_second_PSC は、2 つ目の Platform Services Controller を特定するシステム名です。


    • システム名は、FQDN か IP アドレスにする必要があり、FQDN では大文字と小文字が区別されます。
    • 2 つ目の Platform Services Controller が、最初の Platform Services Controller の HTTPS ポートと異なる HTTPS ポート上で稼働している場合は、次のコマンドでポート番号を更新します。

      C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin\cmsso-util repoint --repoint-psc systemname_of_second_PSC --dc-port port_number

  4. 次のコマンドを実行して、vCenter Server や Platform Services Controller のインストール ディレクトリに変更します。

    cd C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin

    :このコマンドは、デフォルトのインストール パスを使用します。vCenter Server や Platform Services Controller を別の場所にインストールした場合は、このコマンドを変更して、正しいインストール先を反映してください。 

  5. vSphere Web Client を使用して、vCenter Server インスタンスにログインし、vCenter Server がアクティブであることを確認します。

Tags

リーポイントvcenterからpscに、リーポイントvCenterから新たなPSC、内部的なエラー254、vcenter権限が消える

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 1 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 1 Ratings
Actions
KB: