Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

VMware Workstation におけるモノリシック ディスクの分割ディスクへの変更 (2097301)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項: これは英文の記事 「Changing a monolithic disk to a split disk in VMware Workstation (2006898)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Purpose

この記事には、VMware Workstation でモノリシック ディスク(単一ファイルに含まれる仮想マシン ディスク)を分割ディスク(2GB ファイルに分割された仮想マシン ディスク)に変更する手順が記載されています。

Resolution

モノリシック ディスクを分割ディスクに変更するには、仮想ディスク データをモノリシック ディスクから新しい分割ディスクにコピーする必要があります。データをコピーしたら、仮想マシンと新しい分割ディスクを関連付ける必要があります。これを行うと、古いモノリシック ディスクを削除することができます。

前提条件:

  • 仮想ディスクの保存場所がわかるようにしてください。この場所を確認するには、仮想マシン>設定 に移動し、ハードウェア タブをクリックして、ハード ディスクを選択します。ディスク ファイルが右側の上部にリストされます。パスが指定されない場合、仮想ディスクは構成ファイルと同じディレクトリにあります。この場所は、ライブラリの仮想マシンの上にマウスを移動したときに表示され、選択時は仮想マシンのタブに表示されます。

  • 変更中の仮想ディスクにスナップショットが関連付けられていないことを確認します。続行する前に、スナップショットは削除するか、コミットします。詳細については、 「Working with snapshots (1009402)」を参照してください。

  • 新しい分割ファイルを保存するのに十分な空きディスク容量があることを確認します。新しい分割ディスクには、古いモノリシック ディスクとほぼ同じ容量が必要です。

    例:元のディスクのサイズが 20GB である場合、新しいディスクには追加の 20 GB の空き容量が必要です。

    新しいディスクは古いディスクと同じドライブに保存する必要はありません。

モノリシック ディスクを分割ディスクにコピーするには:

  1. 仮想マシンをパワーオフします。
  2. コマンド プロンプトを管理者権限で開きます。詳細は、「Opening a command or shell prompt (1003892)」を参照してください。



    • Windows Vista 以降の場合、Ctrl+Shift を押しながら 管理者として実行 を選択する必要があります。
    • Linux の場合、プロンプトを開いた後に su と入力してから、プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

  3. VMware Workstation プログラム ディレクトリに変更します。デフォルトではこのディレクトリは次のようになっています:

    • Windows XP: \Program Files\VMware\VMware Workstation
    • Windows Vista/7/8、32 ビット: Program Files\VMware\VMware Workstation
    • Windows Vista/7/8/Server 2012、64 ビット: Program Files (x86)\VMware\VMware Workstation
    • Linux: /usr/bin/

  4. 次のコマンドを実行して、モノリシック仮想ディスクを分割仮想ディスクに変換します:

    vmware-vdiskmanager.exe -r <filepath of original disk> -t 1 <filepath of new disk>

    ここで

    -r は名前を含めすべて提供する必要がある元/ソース ディスクを取り込みます
    -t は新しい名前を含めすべて提供する必要がある新しい/ターゲット ディスクを取り込みます
    1 は仮想ディスク タイプを示します

    注: 使用可能なディスク タイプがいくつかあります:

    • 0: 単一ファイルに含まれる拡張可能な仮想ディスク("モノリシックなスパース " と呼ばれます)。
    • 1: 2GB ファイルに分割された拡張可能な仮想ディスク("分割スパース" と呼ばれます)
    • 2: 単一ファイルに含まれる事前に割り当てられている仮想ディスク("モノリシック フラット" と呼ばれます)。
    • 3: 2GB ファイルに分割された事前に割り当てられている仮想ディスク("分割フラット" と呼ばれます)

    詳細については、『Virtual Disk Manager User's Guide』を参照してください。

    例: 次のコマンドは、ubuntu2 と呼ばれる仮想ディスクを元の仮想ディスクと同じディレクトリに作成します。

    vmware-vdiskmanager –r "C:\Virtual Machines\ubuntu.vmdk" –t 1 "C:\Virtual Machines\ubuntu2.vmdk"

    注: 元のディスク(例では ubuntu.vmdk)のサイズが 2GB を超える場合、このコマンドは実際に複数の .vmdk ファイルを作成し、そのすべての名前は新しい仮想ディスクの名前で始まります(この例では ubuntu2)。コマンドは、それぞれサイズが 2GB 以内のファイルに分割される仮想ディスクを作成するため、複数のファイルを作成します。詳細については、『Using VMware Workstation』の「Virtual Machine Files」セクションを参照してください。

新しい仮想ディスクを作成したら、それが使用されるように仮想マシンを構成する必要があります。詳細については、『Using VMware Workstation』の「Add an Existing Virtual Hard Disk to a Virtual Machine」セクションを参照してください。

Additional Information

この記事には、『Virtual Disk Manager User's Guide』の情報のサブセットが記載されています。

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: