Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

ESXiホストの構成のバックアップ方法 (2092886)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項: これは英文の記事「Backing up and restoring ESXi configuration using the vSphere Command-Line Interface and vSphere PowerCLI (2042141)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新の内容については、英語版の記事を参照してください。

Purpose

この記事には、vSphere コマンドライン インターフェイス (vSphere CLI) と vSphere PowerCLI を使用した ESXi ホストの構成をバックアップおよびリストアするための手順が記載されています。

Resolution

ESXi ホスト構成データのバックアップ

vSphere CLI の使用

vSphere CLI を使用して ESXi ホストに関する構成データをバックアップするには、次のコマンドを実行します:

vicfg-cfgbackup --server=ESXi_host_IP_address --username=root -s output_file_name

vSphere CLI for Windows を使用している場合は、次のコマンドを実行します:

vicfg-cfgbackup.pl --server=ESXi_host_IP_address --username=root -s output_file_name

ESXi_host_IP_address は ESXi ホストの IP アドレス、output_file_name は作成するバックアップ ファイルの名前です。

: vSphere CLI for Windows の場合、コマンドを C:\Program Files\VMware\VMware vSphere CLI\bin から実行していることを確認してください。

:

vSphere CLI:

vicfg-cfgbackup --server=10.0.0.1 --username=root -s ESXi_test1_backup.txt


vSphere CLI for Windows:

vicfg-cfgbackup.pl --server=10.0.0.1 --username=root -s ESXi_test1_backup.txt

--password=root_password オプション(root_password はホストの root パスワード) を使用して、スクリプト実行時に root ユーザーのパスワードを求められないようにします。

バックアップ テキスト ファイルが vicfg-cfgbackup スクリプトを実行する現在の作業ディレクトリに保存されます。ファイルに対して完全出力パスを指定することもできます。


vSphere PowerCLI の使用

vSphere PowerCLI を使用して ESXi ホストに関する構成情報をバックアップするには、次のコマンドを実行します:

Get-VMHostFirmware -VMHost ESXi_host_IP_address -BackupConfiguration -DestinationPath output_directory

ESXi_host_IP_address は ESXi ホストの IP アドレス、output_directory は出力ファイルが作成されるディレクトリの名前です。

例:

Get-VMHostFirmware -VMHost 10.0.0.1 -BackupConfiguration -DestinationPath C:\Downloads

: バックアップ ファイルは -DestinationPath オプションを使用して指定されたディレクトリに保存されます。

ESXi コマンド ラインの使用

変更された構成を恒久的ストレージと同期するには、次のコマンドを実行します:

vim-cmd hostsvc/firmware/sync_config

ESXi ホストに関する構成データをバックアップするには、次のコマンドを実行します:

vim-cmd hostsvc/firmware/backup_config

: コマンドは Web ブラウザでファイルのダウンロードに使用される可能性がある URL を出力する必要があります。バックアップ ファイルは、configBundle-<HostFQDN>.tgz として /scratch/downloads ディレクトリにあります。

ESXi ホスト構成データのリストア

vSphere CLI の使用

: 構成データのリストア時に、ホストのビルド番号がバックアップ ファイルを作成したホストのビルド番号と一致する必要があります。-f オプション(強制)を使用してこの要件を上書きします。

vSphere CLI を使用して ESXi ホストに関する構成データをリストアするには:
  1. リストアするホストで実行しているすべての仮想マシンをパワーオフします。
  2. vCLI がインストールされているサーバにログインします。
  3. -l フラグが付いた vicfg-cfgbackup スクリプトを実行し、指定したバックアップ ファイルからホスト構成をロードします:

    vSphere CLI:

    vicfg-cfgbackup --server=ESXi_host_IP_address --username=root -l backup_file

    vSphere CLI for Windows:

    vicfg-cfgbackup.pl --server=ESXi_host_IP_address --username=root -l backup_file

    ESXi_host_IP_address は ESXi ホストの IP アドレス、backup_file はリストアに使用するバックアップ ファイルの名前です。

    例:

    vicfg-cfgbackup --server=10.0.0.1 --username=root -l ESXi_test1_backup.txt

    vSphere CLI for Windows:

    vicfg-cfgbackup.pl --server=10.0.0.1 --username=root -l ESXi_test1_backup.txt

    :
    • このコマンドを実行すると、次に進む前に確認を求められます。-q オプションを使用してこの安全機能を上書きすることができます。
    • --password=root_password オプション(root_password はホストの root パスワード) を使用して、スクリプト実行時に root ユーザーのパスワードを求められないようにします。

ESXi ホストをストック構成設定にリストアするには、次のコマンドを実行します:
vicfg-cfgbackup --server=ESXi_host_IP_address --username=root -r

例:

vicfg-cfgbackup --server=10.0.0.1 --username=root -r


vSphere PowerCLI の使用

: 構成データのリストア時に、ホストのビルド番号がバックアップ ファイルを作成したホストのビルド番号と一致する必要があります。-force オプションを使用して、この要件を上書きします。

  1. 次のコマンドを実行して、ホストをメンテナンス モードに切り替えます:

    Set-VMHost -VMHost ESXi_host_IP_address -State 'Maintenance'

    ESXi_host_IP_address は ESXi ホストの IP アドレスです。

  2. 次のコマンドを実行して、バックアップ バンドルから構成をリストアします:

    Set-VMHostFirmware -VMHost ESXi_host_IP_address -Restore -SourcePath backup_file -HostUser username -HostPassword password

    ESXi_host_IP_address は ESXi ホストの IP アドレス、backup_file はリストアに使用するバックアップ バンドルの名前で、usernamepassword はホストの認証時に使用する認証情報です。

    例:

    Set-VMHostFirmware -VMHost 10.0.0.1 -Restore -SourcePath c:\bundleToRestore.tgz -HostUser root -HostPassword exampleRootPassword

ESXi コマンド ラインの使用:

: 構成データのリストア時に、ホストのビルド番号がバックアップ ファイルを作成したホストのビルド番号と一致する必要があります。

  1. 次のコマンドを実行して、ホストをメンテナンス モードに切り替えます:

    vim-cmd hostsvc/maintenance_mode_enter

  2. ホストでアクセス可能な場所にバックアップ構成ファイルをコピーし、次のコマンドを実行します:

    この場合、構成ファイルはホストの /tmp ディレクトリにコピーされました。詳細については、「Using SCP to copy files to or from an ESX host (1918)」を参照してください。
vim-cmd hostsvc/firmware/restore_config /tmp/configBundle.tgz
: このコマンドを実行すると、コマンド完了後にホストの自動再起動が開始されます。

Additional Information

: 仮想マシンに関する情報は構成バックアップに保存されないため、構成バックアップのリストア後に仮想マシンをデータストア ブラウザからインベントリに再登録する必要があります。また、起動バンク情報は構成バックアップに保存されないことに注意してください。これは必要に応じてバックアップし、圧縮された tar ファイルに個別にダウンロードする必要があります。

詳細については、次を参照してください。
注:vSphere 5.1 より後のバージョンをインストールしている場合は、そのバージョンについて VMware ドキュメント ライブラリからコマンド ラインのドキュメントと PowerCLI のリファレンスを参照してください。

PowerCLI の注:
  • PowerCLI の 64 ビット バージョンは C:\Program Files にインストールされ、32 ビット バージョンは C:\Program Files (x86) にインストールされていることに注意してください。
  • 管理者として常に PowerCLI を実行する必要があります。
この記事が更新されたときにアラートを表示するには、Actions ボックスで Subscribe to Document をクリックします。

Tags

バックアップesxi構成、vicfg cfgbackup、esxiバックアップ、バックアップesxiホスト

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: