Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

多数のデータストアがある環境でステートレス キャッシュが有効化されていると、ホスト プロファイルのコンプライアンス チェックがタイムアウトする (2090949)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事「Host profile compliance checks time out in environments with a large number of datastores and stateless cache enabled (2090036)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。



vCenter Server でホスト プロファイルのコンプライアンス チェックを行うと、次の症状が発生する:

  • タスクがタイムアウトし、ステートレス キャッシュが有効になる。
  • 次のエラーが表示される。

    ホストはコンプライアンスの確認には使用できません。

  • ホスト プロファイルを適用しようとすると 5 分後にタイムアウトし、次のエラーが表示される:

    リモート サーバ「vCenterFQDN」の応答時間が長すぎたため、要求に失敗しました。エラー スタック:vCenter Server「vCenterFQDN」のオブジェクト「HostProfileManager」に対する呼び出し「HostProfileManager.GenerateConfigTaskList」が失敗しました (The request failed because the remote server "vCenterFQDN" took too long to respond” Error Stack: Call "HostProfileManager.GenerateConfigTaskList" for object "HostProfileManager" on vCenter Server "vCenterFQDN" failed.)。

    ホストには、80 個を超えるデータストアが接続されています。

  • /var/log/hostd.log ファイルに次のエラーが出力される:
タスクが開始します:

<YYYY-MM-DD>T<TIME>Z [3CFC5B90 info 'TaskManager' opID=93992203-00005F6B-da-d4] Task Created : haTask--vim.profile.host.profileEngine.ComplianceManager.checkHostCompliance-511155668

VMFS の更新が呼び出されます:

<YYYY-MM-DD>T<TIME>Z [3FE80B90 verbose 'Hostsvc::DatastoreSystem'] ReconcileVMFSDatastores called: refresh = true, rescan = false <YYYY-MM-DD>T<TIME>Z [3FE80B90 verbose 'FSVolumeProvider'] RefreshVMFSVolumes called

VMFS の更新が完了します:

<YYYY-MM-DD>T<TIME>Z [3FE80B90 verbose 'Hostsvc::DatastoreSystem'] ReconcileVMFSDatastores:Done discovering new filesystem volumes.

新しいデータストアの更新が呼び出されます:

<YYYY-MM-DD>T<TIME>Z [3C0DBB90 verbose 'FSVolumeProvider'] RefreshVMFSVolumes called

このパターンが繰り返され続け、10 分後にホストプロファイルのコンプライアンス チェックがタイムアウトします:

<YYYY-MM-DD>T<TIME>Z [3CAF0B90 error 'SOAP command stub adapter /usr/bin/sh' opID=93992203-00005F6B-da-d4] Error: timeout waiting for command <YYYY-MM-DD>T<TIME>Z [3CAF0B90 error 'Default' opID=93992203-00005F6B-da-d4] AdapterServer caught exception:Operation timed out

:前述のログの引用は単なる例です。日付、時間、および環境変数は、環境によって異なる場合があります。

Resolution

これは既知の問題で、ESXi 5.0、5.1、および 5.5 に影響します。
 
この問題は、以下の ESXi バージョンで解決されています。
この問題を回避するには、vCenter Server と ESXi のタイムアウト値を増やします。


ホスト プロファイル アプリケーションのタイムアウト値を調整するには

  1. vSphere Client を使用して vCenter Server にログインします。
  2. [管理] > [vCenter Server 設定] に移動します。
  3. [vCenter Server 設定] をクリックします。
  4. [タイムアウト設定] をクリックします。
  5. [通常動作] および [長時間の動作] の値を 7200 に変更します。
  6. [OK] をクリックして変更内容を保存します。

ホスト プロファイル コンプライアンスのタイムアウト値を調整するには

cmdMo.xml で構成された hostd のタイムアウト値は、ESXi 5.1 Patch 7 および ESXi 5.5 Update 3 では増加されました。これは他のリリースで提供される速度の増加には依存しません。

ESXi 5.0 を実行している場合は、必ず次の変更を行なってください:
  1. コンソールまたは SSH セッションで root 権限を使用して ESXi/ESX ホストにログインします。詳細については、次を参照してください:
  1. cmdMo.xml ファイルをバックアップします。

    :このファイルは、デフォルトでは、次の場所にあります。 /etc/vmware/hostd

  2. テキスト エディタで cmdMo.xml ファイルを開きます。
  3. 次のエントリを見つけます。

    <vim.profile.host.profileEngine.HostProfileManager> および </vim.profile.host.profileEngine.HostProfileManager>

  4. 次のように変更します:

    <vim.profile.host.profileEngine.HostProfileManager>
    <timeOutInSeconds> 1800 </timeOutInSeconds>
    </vim.profile.host.profileEngine.HostProfileManager>
:VMware は、この問題を解決したビルドのいずれかにアップグレードした後で、タイムアウト値の変更内容を元に戻すことを推奨します。

ESXi 5.1 を実行している場合は、必ず次の変更を行なってください:

  1. コンソールまたは SSH セッションで root 権限を使用して ESXi/ESX ホストにログインします。詳細については、次を参照してください:
  1. cmdMo.xml ファイルをバックアップします。

    :このファイルは、デフォルトでは、次の場所にあります。 /etc/vmware/hostd

  2. テキスト エディタで cmdMo.xml ファイルを開きます。
  3. 次のエントリを見つけます。

    <moId> ha-hostprofileengine-compliancemanager </moId>

  4. 先行するエントリの後に <timeOutInSeconds> 1800 </timeOutInSeconds> を追加します:

    例:

    <moId> ha-hostprofileengine-compliancemanager </moId>
    <timeOutInSeconds> 1800 </timeOutInSeconds>

    vCenter Server および ESXi のタイムアウト値を増やす方法については、「Extending the default timeout periods for vCenter Server, ESX/ESXi hosts, and vCenter Update Manager (1017253)」を参照してください。
他の回避策としては、ステートレス キャッシュを無効化してホストをアップグレードします。
 
ステートレス キャッシュが有効かどうかを確認するには:
  1. vSphere Client を使用して vCenter Server にログインします。
  2. [ホーム] > [管理] > [ホスト プロファイル] に移動します。
  3. ホスト プロファイルを右クリックして [プロファイルの編集] をクリックします。
  4. [システム イメージ キャッシュ構成] を展開します。

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: