Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

ESX/ESXi でソフトウェア iSCSI ポート バインディングを使用する際の考慮事項 (2080447)

  • 2 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事「Considerations for using software iSCSI port binding in ESX/ESXi (2038869)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新の内容については、英語版の記事を参照してください。

Purpose

この記事では、iSCSI ポート バインディングを使用する場合と使用しない場合について説明します。ポート バインディングの構成方法については、お使いのバージョンの ESXi/ESX のstorage guide を参照してください。

Resolution



ポートのバインド

ポートのバインドを iSCSI で使用するのは、iSCSI 用の複数の VMkernel ポートが同じブロードキャスト ドメインおよび IP サブネットに存在し、単一の IP アドレスをブロードキャストする iSCSI アレイへの複数のパスが使用可能な場合です。ポート バインディングを使用する場合、次の点を考慮する必要があります。
  • アレイ ターゲット iSCSI ポートは VMkernel ポートと同じブロードキャスト ドメインおよび IP サブネットに置く必要があります。
  • iSCSI 接続に使用されるすべての VMkernel は同じブロードキャスト ドメインおよび IP サブネットに置く必要があります。
  • iSCSI 接続に使用されるすべての VMkernel ポートは同じ vSwitch 内に置く必要があります。
  • 現在、ポート バインディングはネットワーク ルーティングをサポートしていません。


ポート バインディングを使用しない場合


次の場合、ポート バインディングを使用するべきではありません。

  • アレイ ターゲット iSCSI ポートが異なるブロードキャスト ドメインおよび IP サブネットに存在する。
  • iSCSI 接続に使用される VMkernel ポートが、異なるブロードキャスト ドメイン、IP サブネット、または vSwitch にまたがって存在する。
  • iSCSI アレイにアクセスするためにルーティングが必要である。
  • ソフトウェア iSCSI ポートのバインドは、pSwitch への ESXi ホストのアップリンクで LACP またはその他のリンク アグリゲーションが使用される場合にも禁止されます。Limitations of LACP in VMware vSphere 5.5 (2051307)」を参照してください。
     





  • このシナリオ例で、異なる IP サブネットとブロードキャスト ドメインに複数の VMkernel ポートがあり、ターゲット ポートも異なる IP サブネットおよびブロードキャスト ドメインにあります。この場合は、ポートのバインドを使用しないでください。この構成でポートのバインドを構成すると、次のような問題が発生することがあります。
    • 再スキャンの時間が通常より長くなる。
    • デバイスごとに表示されるパスの数が間違っている。
    • ストレージ デバイスからストレージを表示できない。

    ポート バインディングを使用する場合

     



    このシナリオでは、複数の VMkernel ポートがあり、すべてが同じ IP サブネットおよびブロードキャスト ドメインに存在します。この場合、ポートバインディングを使用する必要があります。この構成でポート バインディングを構成しないと、次の症状が発生することがあります。

    • ESXi/ESX ホストに対してストレージを表示できない。
    • ストレージへのパスが [Dead] と報告される。
    • vCenter Server でパスの冗長性メッセージが失われる。
  • Additional Information

    Tags

    vmware iscsi ポートバインディング、vmware configure iscsi ポートバインディング、iSCSI Multipathingを設定するためのベストプラクティス、vmkiscsiでホストブートハング

    See Also

    Request a Product Feature

    To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

    Feedback

    • 2 Ratings

    Did this article help you?
    This article resolved my issue.
    This article did not resolve my issue.
    This article helped but additional information was required to resolve my issue.

    What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




    Please enter the Captcha code before clicking Submit.
    • 2 Ratings
    Actions
    KB: