Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

仮想マシンが次のエラーでパワーオンに失敗する:サポートされていないか無効なディスク タイプ (Unsupported and/or invalid disk type) (2079977)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項: これは英文の記事 「A virtual machine fails to power on with the error: Unsupported and/or invalid disk type (1028943)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。


 
  • 仮想マシンをパワーオンできない
  • 仮想マシンのパワーオンに失敗する。
  • 次のエラーが表示される:

    サポートされていないか無効なディスク タイプ (Unsupported and/or invalid disk type)

  • ESXi ホストまたは vCenter Server の [イベント] タブに、次のエラーが表示される。

    Module DevicePowerOn のパワーオンに失敗しました。(Module DevicePowerOn power on failed)
    scsi0:0 用の仮想 SCSI デバイスを作成できません。「/vmfs/volumes/datastorename/VirtualMachineHome/VirtualMachineDisk.vmdk」(Unable to create virtual SCSI device for scsi0:0, '/vmfs/volumes/datastorename/VirtualMachineHome/VirtualMachineDisk.vmdk')
    ディスク scsi0:0:を開けませんでした:サポートされていないか無効なディスク タイプ 7。最初にディスクをインポートするのを忘れましたか? (Failed to open disk scsi0:0: Unsupported and/or invalid disk type 7. Did you forget to import the disk first?)

Cause

この問題は、仮想マシン、つまり VMware ホスト製品(VMware Workstation、VMware Player、VMware Fusion など)が ESX/ESXi ホストでパワーオンされている場合に発生します。
 
VMware ホスト製品で仮想マシンを保存するために使用する基盤となるフォーマットは、ESX/ESXi ホストで仮想マシンを保存するために使用するフォーマットとは異なります。

Resolution

VMware ホスト製品に保存された仮想マシンを ESX/ESXi ホストにインポートするには、まず VMware vCenter Converter を使用して仮想マシンを変換する必要があります。変換の詳細については、「VMware vCenter Converter documentation」を参照してください。

また、この問題を ESXi 5.0 以前のバージョンで回避するには、vmkfstools コマンドを使用して VMDK を再フォーマットし、現在接続されている VMDK を仮想マシンから切断して、再接続します。
  1. SSH を使用して ESX/ESXi ホストに接続します。

    詳細については、「ESXi 4.1、ESXi 5.x および ESXi 6.0 での Tech Support モードの使用 (2053295)」を参照してください。

  2. 次のコマンドを実行します:

    vmkfstools -i <HostedVirtualDisk ESXVirtualDisk>

    ここで、<HostedVirtualDisk> はホスト上の vmdk のパスで、<ESXVirtualDisk> はコマンドで出力される vmdk です。

    例:

    vmkfstools -i /vmfs/volumes/<datastore>/<virtual_machine_folder>/<virtual_machine>.vmdk /vmfs/volumes/<datastore>/<new_virtual_machine_folder>/<virtual_machine>.vmdk

  3. 現在接続されている VMDK を仮想マシンから切断します。

    1. vSphere Client または vSphere Web Client で、仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] をクリックします。
    2. ハード ディスクを選択します。
    3. [削除] をクリックします。
    4. [仮想マシンから削除] オプションを選択します。
    5. [OK] をクリックします。

  4. 手順 2 で新しくフォーマットした VMDK を再接続します。

    1. vSphere Client または vSphere Web Client で、仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] をクリックします。
    2. [追加] をクリックします。
    3. ハード ディスクを選択します。
    4. [次へ] をクリックします。
    5. [既存の仮想ディスクを使用] オプションを選択します。
    6. [次へ] をクリックします。
    7. [参照] をクリックし、手順 2 で作成した新しい VMDK を見つけます。
    8. [次へ] をクリックします。
    9. [次へ] をクリックします。
    10. [終了] をクリックし、[ハードウェアの追加] ウィンドウを閉じます。
    11. [OK] をクリックし、[仮想マシンのプロパティ] ウィンドウを閉じます。

  5. 仮想マシンをパワーオンします。

仮想ディスク ファイルを ESX 5.1 ホストにインポートするには、「アップグレードされたホストで仮想マシンのパワーオンがエラー [File [VMFS volume] VM-name/VM-name.vmdk was not found] で失敗する (2080408)」を参照してください。

:ESXi ホストのコマンド ラインにアクセスするには、Tech Support モードを有効にする必要があります。詳細については、緊急サポート用の Tech Support モード (2092655) を参照してください。
 
この方法の詳細については、『ESX Configuration Guide』の「VMware Workstation および VMware GSX Server 仮想マシンの移行」を参照してください。

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: