Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

Red Hat または Cent OS を実行している仮想マシン内の論理ボリュームの拡張 (2079676)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項: これは英文の記事 「Extending a logical volume in a virtual machine running Red Hat or Cent OS (1006371)」の日本語訳です。

記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。

最新情報は英語版の記事で参照してください。

Purpose

この記事には、Red Hat または Cent OS を実行している仮想マシンで、論理ボリューム マネージャ(LVM)で作成された論理ボリュームに存在する root パーティションを拡張する手順についての情報が記載されています。

Resolution

論理ボリュームを拡張するには、以下の手順を実行します。

:これらの手順は、EXT3 ファイル システムにのみ適用されます。

注意:これらの変更を行う前に、仮想マシンの完全なバックアップをとることをお勧めします。

  1. 仮想マシンをパワーオフします。
  2. 仮想マシンの設定を編集して仮想ディスクのサイズを拡張します。詳細は、仮想 ディスクのサイズを増加する(1004047))(Increasing the size of a virtual disk (1004047))を参照してください。
  3. 仮想マシンをパワーオンします。
  4. デバイス名(デフォルトでは /dev/sda)を識別し、次のコマンドを実行して新しいサイズを確認します。

    # fdisk -l

  5. 新しいプライマリ パーティションを作成します。
    1. 次のコマンドを実行します。

      # fdisk /dev/sda(手順 4 の結果によって)

    2. [p] を押してパーティション テーブルを出力し、パーティションの数を識別します。デフォルトでは 2(sda1 と sda2)です。
    3. [n] を押して新しいプライマリ パーティションを作成します。
    4. プライマリには [p] を押します。
    5. パーティション テーブル印刷の出力に基づいてパーティションの数には 3 を押します。
    6. Enter を 2 回押します。
    7. [w] を押してパーティション テーブルに変更を書き込みます。

  6. 仮想マシンを再起動します。
  7. 次のコマンドを実行して変更がパーティション テーブルに保存されたことと新しいパーティションにタイプが 83 であることを確認します。

    # fdisk -l

  8. 次のコマンドを実行して新しいパーティションを物理ボリュームに変換します。

    # pvcreate /dev/sda3

  9. 次のコマンドを実行して物理ボリュームを拡張します。

    # vgextend VolGroup00 /dev/sda3

    :拡張するボリューム グループを特定するには、コマンド vgdisplay を使用します。

  10. 次のコマンドを実行してボリューム グループに使用できる物理エクステントの数を確認します。

    # vgdisplay VolGroup00 | grep "Free"

  11. 以下のコマンド実行して論理ボリュームを拡張します。

    # lvextend -L+#G /dev/VolGroup00/LogVol00

    ここで # は前のコマンドで使用できる論理ボリュームの空き領域の数を GB で表したものです。

    :拡張する論理ボリュームを特定するには、コマンドlvdisplay を使用します。

  12. 論理ボリューム内部で以下のコマンドを実行して ext3 ファイルシステム オンラインを拡張します。

    # ext2online /dev/VolGroup00/LogVol00

    :Red Hat 仮想マシン以外の場合には、ext2online ではなく resize2fs を使用します。

  13. 次のコマンドを実行して / ファイルシステムに使用できる新しい空き領域があることを確認します。

    # df -h /

Additional Information

詳細については、http://www.redhat.com/magazine/009jul05/features/lvm2/ を参照してください。

:このリンクは、2012 年 4 月 24 日時点のものです。リンクが切れているのに気づいた場合はご連絡ください。VMware の担当者がリンクをアップデートします。

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: