Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

ESXi のコアダンプをパーティションではなくファイルに構成する (2079553)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事「Configuring ESXi coredump to file instead of partition (2077516)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Purpose

この記事では、コアダンプを VMFS 上のファイルとして生成するように ESXi を構成する手順を説明します。

ESXi 5.x にアップグレードした ESXi/ESX ホストでは、コア ファイルのサイズが 100 MB に制限されています。ほとんどの場合、これはコアダンプのファイル サイズを処理するのに十分でありません。ESXi ホストを構成してコアダンプをファイルとして生成することをお勧めします。

Resolution

:ソフトウェア iSCSI およびソフトウェア FCoE は、コアダンプの場所としてサポートされていません。
 
コアダンプを VMFS 上のファイルとして生成するように ESXi を構成するには:
  1. SSH を使用して ESXi ホストに接続します。
  2. 次のコマンドを実行して、コアダンプとして使用する新しいファイルを追加します。

    esxcli system coredump file add

    -d を使用すると、コアダンプ ファイルとして使用する vmfs データストアを指定することができます。それを指定しないと、十分なサイズのデータストアが自動的に選択されます。
    -f を使用すると、コアダンプ ファイルのファイル名を指定することができます。これを指定しないと、一意の名前が作成されます。

    例:

    esxcli system coredump file add -d VMFS_VOLUME -f test

  3. 次のコマンドを実行して、アクセス可能な全ダンプ ファイルのリストを取得します。

    esxcli system coredump file list

    次のような出力が表示されます。

    Path                                                                     Active Configured Size
    ------------------------------------------------------------------------ ------ ---------- ---------
    /vmfs/volumes/52b021c3-f6b3da50-4c76-001d0904c5a5/vmkdump/test.dumpfile false false 104857600

    注: コアダンプ ファイルを指定しないと、コマンドを実行しても出力が表示されません。

  4. 次のコマンドを実行して、ホストのダンプ ファイルを設定します。

    esxcli system coredump file set -p /vmfs/volumes/DATASTORE_UUID/vmkdump/FILENAME

    例:

    esxcli system coredump file set -p /vmfs/volumes/52b021c3-f6b3da50-4c76-001d0904c5a5/vmkdump/test.dumpfile

  5. 次のコマンドを実行して、ダンプ ファイルがアクティブで、構成済みであることを確認します。

    esxcli system coredump file list

    次のような出力が表示されます。

    Path                                                                     Active Configured Size
    ------------------------------------------------------------------------ ------ ---------- ---------
    /vmfs/volumes/52b021c3-f6b3da50-4c76-001d0904c5a5/vmkdump/test.dumpfile True True 104857600


    出力は、アクティブで構成済みのステータスのファイルは True であることを示しています。
:コアダンプ ファイルの構成の詳細については、「Creating a Diagnostic Partition」を参照してください。

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: