Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

vmkfstools を使用した仮想マシン ディスクのクローン作成および変換 (2078921)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項: これは英文の記事 「Cloning and converting virtual machine disks with vmkfstools (1028042)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Purpose

この記事には、vmkfstools コマンドを使用して仮想マシン ディスクをあるタイプから別のタイプへ変換する手順が記載されています。

Resolution

vmkfstools コマンドでは、仮想マシンの内容をクローン作成し、ある仮想マシン ディスク フォーマット (.vmdk) を別のフォーマットに変換することもできます。

: 変換の実行に選択されたホスト オペレーティング システムは、定義された出力フォーマットでの仮想マシンの実行をサポートしているとは限りません。 vmkfstools では、代替ディスク フォーマットをサポートするほかの VMware 製品で使用するために仮想ディスクをエクスポートする可能性が考慮されています。

次の手順で、仮想マシン ディスクをあるタイプから別のタイプに変換します:
  1. 仮想マシンをシャットダウンします。 仮想マシン ディスク ファイルは、実行中の仮想マシンで使用されている間はロックされます。
  2. VMware vSphere Management Assistant (vMA) にログインします。 または、VMware vSphere CLI (vCLI) のデプロイ後にコマンドライン インターフェイスを開きます。 ターミナル アクセスが必要な場合:

  3. 次の vmkfstools コマンドを実行して、ディスクをあるフォーマットから別のフォーマットにクローン作成します

ESX/ESXi ターミナルからの場合:

vmkfstools -i input output -d format -a adaptertype

vMA/vCLI からの場合:

vmkfstools --server <vCenter or ESX IP/Hostname> -i input output -d format -a adaptertype

たとえば、examplevm.vmdk を Datastore から Datastore 2 にクローン作成し、ターゲット コピーをシン プロビジョニングするには:

ESX/ESXi ターミナルからの場合:

vmkfstools -i "/vmfs/volumes/Datastore/examplevm/examplevm.vmdk" "/vmfs/volumes/Datastore 2/newexamplevm/newexamplevm.vmdk" -d thin -a buslogic

vMA/vCLI からの場合:

vmkfstools --server 10.21.49.14 -i '[Datastore] examplevm/examplevm.vmdk' '[Datastore 2] newexamplevm/newexamplevm.vmdk' -d thin -a buslogic
警告: 仮想マシンのスナップショットまたは差分ディスクが存在する場合、選択したソースが現在のスナップショット差分ディスクであることを確認してください。 ソースがこれ以外の場合、古いターゲット コピーが作成されます。 ただし、コマンドを使用する場合、対応する最新の差分ディスクの記述子ファイルをディスクのクローン作成時に使用する必要があります。

たとえば、スナップショットが作成された仮想マシン ディスク(差分ディスク)examplevm-000001.vmdk で、上記のように Datastore から Datastore 2 へのクローン作成や変換を行い、ターゲット コピーをシン プロビジョニングするには、次のコマンドを実行します。

ESX/ESXi ターミナルからの場合:

vmkfstools -i "/vmfs/volumes/Datastore/examplevm/examplevm-000001.vmdk" "/vmfs/volumes/Datastore 2/newexamplevm/newexamplevm.vmdk" -d thin -a buslogic

vMA/vCLI からの場合:
 
vmkfstools --server 10.21.49.14 -i '[Datastore] examplevm/examplevm.vmdk' '[Datastore 2] newexamplevm/newexamplevm.vmdk' -d thin -a buslogic

この例では、入力ファイルに examplevm.vmdk ではなく examplevm-000001.vmdk を選択しています。 スナップショット差分ディスク ファイルには、各スナップショット差分ディスクの反復数またはレベルを区別するために、順序付けされた番号が追加されます。 最新の差分ディスクを選択すると、最新の保存データがターゲットにクローン作成されます。

vmkfstools -i コマンドを実行すると、ソース ディスクで VMware 準仮想化を使用している場合でも、LSI コントローラ搭載ドライブのクローンが作成されます。 このため、仮想マシンが起動しなくなります。 この問題を解決するには、ソース ディスクと同じコントローラ タイプに変更します。

仮想マシンの最新のスナップショットを識別する手順について詳しくは、「仮想マシンのスナップショット差分ディスク レイアウトの確認 (2080293)」を参照してください。

Additional Information

vmkfstools で一般的に使用されるディスク フォーマット:
  • zeroedthick

    VMFS データストアで作成および保存される仮想マシン ディスクのデフォルト オプションです。
  • thin

    NFS データストアで保存される仮想マシン ディスクのデフォルト オプションです。 要求に応じて領域を割り当ておよびコミットし、仮想ディスクで使用される領域が多くなると増大します。

    : シンプロビジョニングされたディスクの構成サイズを正しく表示するには、ls コマンドを使用します。 データストアのディスク ファイルによって使用されるディスク領域を判断するには、du コマンドを使用します。
  • eagerzeroedthick

    クロス ホスト仮想マシン クラスタリングおよび VMware Fault Tolerance (FT) 仮想マシンで必要な指定フォーマットです。 仮想マシンのすべてのブロックは、作成時にゼロが書き込まれて割り当ておよびコミットされます。 既存のディスクは、既存のデータを損なわずにこのフォーマットに拡大できます。 詳細については、「インプレース変換による既存の仮想ディスクのクラスタリング機能を有効化 (2079518)」および「Enabling clustering features for an existing virtual disk by converting while copying (1003491)」を参照してください。

  • rdmp

    物理互換モードでのデフォルトの Raw デバイス マッピング フォーマットです。 ほとんどの SCSI コマンドは、ゲスト OS とマッピングされた物理 raw LUN 間でパススルーされます。 これは、両方の仮想マシンが同じマッピング ファイルを共有する、クロス ホスト仮想マシン クラスタリングで必要になります。 このフォーマットでは、仮想マシンのスナップショットはサポートされていません。 詳しくは、「仮想ディスクを Raw デバイス マッピングに変換する (2079699)」を参照してください。
  • rdm

    物理互換モード設定で追加として使用できる Raw デバイス マッピング フォーマットです。 SCSI コマンドのサブセットは、ゲスト OS とマッピングされた物理 raw LUN 間でパススルーされます。 このフォーマットの付加価値は、仮想マシンのスナップショットがサポートされている点です。 詳しくは、「仮想ディスクを Raw デバイス マッピングに変換する (2079699)」を参照してください。
  • 2gbsparse

    このフォーマットは、VMware Fusion、Player、Server、Workstation などのホスト型(デスクトップ)製品と互換性があります。仮想マシン ディスクは、複数プラットフォーム間で考えられるファイル システムの互換性の問題を排除するために、複数の 2 GB のエクステントにまたがっています。 たとえば、FAT32 では最大で 4 GB のファイル サイズがサポートされています。 このフォーマットは、VMware ESX/ESXi 4.x または ESXi 5.x で動作する仮想マシンではサポートされていません。

    : SDK では、ESXi 5.0 以降でこのプロパティは sparse2GB として知られています。 詳細については、「Scope of the sparse2GB property in the vSphere API (2044714)」および『vSphere Web Services SDK Documentation』の「VirtualDiskType」セクションを参照してください。
その他の情報、タイプ、パラメータについては、「vmkfstools」マニュアル ページおよび「product documentation」を参照してください。
  • VMware ESX 3.x および 4.x のマニュアル ページを参照するには、次を実行します: man vmkfstools
  • ESXi 3.x および 4.x ホストまたは vMA および vCLI のコマンド情報を参照するには、次を実行します: vmkfstools --help
  • その他の詳細については、 お使いの VMware ESX/ESXi のバージョンの「product documentation」ページにある『ESX Configuration Guide』の「Appendix C: Using vmkfstools」を参照してください。

関連トピック:

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: