Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

仮想マシンのハードウェア バージョン (2078427)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項: これは英文の記事 「Virtual machine hardware versions (1003746)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。


  • 仮想マシンがパワー オンされない。
  • 仮想マシンの一部の操作がグレーアウトされており、利用できない。
  • ゲスト OS で予期しない動作が発生する。

Purpose

この記事には、仮想マシンのハードウェア バージョンが、使用している VMware 製品の最新バージョンであるかどうかを調べるプロセスが記載されています。 記事には、ある製品で作成された仮想マシンが他の製品からパワーオンできない理由も記載されています。

仮想マシンのハードウェア バージョンに関する問題が発生したら、この記事にしたがって問題を解決します。

VMware Fusion 固有の情報については、「Fusion に対する仮想マシンのハードウェア バージョンの互換性 (2097079)」を参照してください。

Resolution

VMware 製品およびその仮想ハードウェア バージョン

次の表に、VMware 製品およびその仮想ハードウェア バージョンを示します。

 
仮想ハードウェア バージョン 製品
12 Fusion 8.x
Workstation Pro 12.x
Workstation Player 12.x
11 Fusion 7.x
Workstation 11.x
Player 7.x
ESXi 6.x
10 ESXi 5.5
Fusion 6.x
Workstation 10.x
Player 6.x
9 ESXi 5.1
Fusion 5.x
Workstation 9.x
Player 5.x
8 ESXi 5.0
Fusion 4.x
Workstation 8.x
Player 4.x
7 ESXi/ESX 4.x
Fusion 3.x
Fusion 2.x
Workstation 7.x
Workstation 6.5.x
Player 3.x
Server 2.x
6 Workstation 6.0.x
4 ACE 2.x
ESX 3.x
Fusion 1.x
Player 2.x
3 および 4 ACE 1.x
Lab Manager 2.x
Player 1.x
Server 1.x
Workstation 5.x
Workstation 4.x
3 ESX 2.x
GSX Server 3.x

関連する問題を解決するには、仮想ハードウェア バージョンに関する次の情報を参考にしてください。
  • VMware 製品で、サポート対象バージョン以降の仮想ハードウェア バージョンを使用して仮想マシンをパワーオンできません。

    : 特定の仮想ハードウェア バージョンをサポートする VMware 製品で仮想マシンを作成し、このバージョンの仮想ハードウェアをサポートしない VMware 製品に移行するとパワーオンできません。 上の表で確認してください。 表の上部にある VMware 製品およびバージョンで作成された仮想マシンは、表の下部にある製品でパワーオンすることはできません。

  • サポート対象バージョンより前の仮想ハードウェア バージョンの仮想マシンを VMware 製品でパワーオンすることはできますが、機能は使用できない可能性があります。 使用できない機能は、仮想マシン操作関連のメニュー項目でグレー アウトされ利用できません。

  • 仮想マシンのハードウェア バージョンは、Workstation 6.x 以降、Converter 3.x 以降、Fusion 2.x 以降のみにダウングレードできます。

  • 上の表に示した VMware 製品 (VMware Player 以外) では、仮想マシンのハードウェアをサポート対象の最新バージョンにアップグレードできます。

仮想ハードウェアのアップグレード

仮想ハードウェアをアップグレードするには:

: Lab Manager 仮想マシンの場合はデプロイ解除を行い、構成で仮想ハードウェア バージョンをアップグレードしてから再度デプロイする必要があります。
  1. 仮想マシンをパワーオンします。
  2. VMware Tools をインストールします。
  3. 仮想マシンをパワーオフします。
  4. 次の手順でハードウェアの設定を変更します。

    Workstation 8 で、[仮想マシン] > [管理] > [ハードウェア互換性の変更] に移動します。

    ESXi/ESX、サーバ、Lab Manager、または GSX で、使用しているバージョンに応じて、仮想マシンのエントリを右クリックし、次のいずれかを選択します。
    • バージョンのアップグレードまたは変更
    • 仮想マシンのアップグレード
  5. VMware Player でテキスト エディタを使用して仮想マシンの .vmx ファイルを開きます。編集の詳細については、「VMware Workstation および VMware Player 仮想マシンの .vmx ファイルの編集 (2096784)」を参照してください。
  6. エントリ virtualHW.version = "8" を見つけます。
    上記のエントリを次のように変更します。
    virtualHW.version = "11"
  7. .vmx ファイルを保存します。
    .vmx ファイルに行った変更は、VMware Workstation または VMware Player が次に開かれるときまで有効になりません。

Additional Information

仮想ハードウェア バージョンをアップグレードした後に Windows ゲスト OS を再アクティブ化する必要はありません。 プロンプトが表示された場合、より良いパフォーマンスのために仮想マシンの VMware Tools バージョンを更新します。

仮想ハードウェア バージョンと制限事項については、「仮想マシンのメモリ制限とハードウェア バージョン (2078754)」を参照してください。

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: