Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

Intel E5/E7/E3 v2 シリーズのプロセッサを使用して ESXi 5.x で Windows 2008 R2 および Solaris 10 64 ビットの仮想マシンを実行するとブルー スクリーンまたはカーネル パニックが発生する (2076834)

  • 1 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事 「Windows 2008 R2, Red Hat Enterprise Linux and Solaris 10 64-bit virtual machines blue screen or kernel panic when running on ESXi 5.x with an Intel E5/E7/E3 v2 series processor (2073791)」 の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。
Windows 2008 R2、Red Hat Enterprise Linux、または Solaris 10 64 ビットを使用して、ESXi、Workstation、または Fusion で仮想マシンを実行すると、次のいずれかの症状が発生します。
  • Windows 2008 R2 ブルー スクリーン イベント:

    0x0000000a - IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
    0x0000001a - MEMORY_MANAGEMENT
    0x000000fc - ATTEMPTED_EXECUTE_OF_NOEXECUTE_MEMORY
    0x0000004e - PFN_LIST_CORRUPT
    0x00000050 - PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
    0x0000003B- SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION
  • 次のような Windows のブルー スクリーン メッセージ:

    VMware Workstation unrecoverable error: (vcpu-2) NOT IMPLEMENTED d:/build/ob/bora-1895310/bora/vmcore/vmx/main/physMem.c:2877

  • Solaris 10 64 ビットのカーネル パニック
  • Red Hat Enterprise Linux 4 のカーネル パニック
  • Red Hat Enterprise Linux 5 のカーネル パニック
  • Red Hat Enterprise Linux 6 のカーネル パニック
  • Red Hat Enterprise Linux 7 のカーネル パニック
  • Workstation および Fusion を使用している場合は、仮想マシンの vmware.log ファイル(仮想マシンの home フォルダにある)に、次のようなエントリが記録される。

    | svga| I120: WinBSOD: (30) `Dumping physical memory to disk: 20 '
    | vcpu-2| I120: NOT_IMPLEMENTED d:/build/ob/bora-1895310/bora/vmcore/vmx/main/physMem.c:2877

Cause

公開の時点(2014 年 9 月 10 日)で特定されている、該当するプロセッサは次のとおりです。
  • Intel® Xeon® Processor E5-#### v2 という名前のプロセッサ。ここで #### は、オプションで文字の後に続く 4 桁の数値です。
  • Intel® Xeon® Processor E7-#### v2 という名前のプロセッサ。ここで #### は、4 桁の数値です。
  • Intel® Xeon® Processor E3-12## v2 という名前のプロセッサ。ここで ## は、オプションで文字の後に続く 2 桁の数値です。

Resolution

これは、VMware ESXi、Workstation、および Fusion に影響する既知の問題です。

この問題を解決するには、ベンダーに問い合わせて、使用しているハードウェアの更新済み BIOS を請求し、関連する Intel の正誤表のリファレンスを提供してください。
:前述のリンクは 2014 年 7 月 11 日時点のものです。リンクが切れているのに気づいた場合はご連絡ください。VMware の担当者がリンクを更新します。


プラットフォームで使用可能な BIOS の更新がない場合は、次のいずれかのオプションを使用してください。

アップグレード:

この問題は、次のリリースで解決されています。
Workstation、Fusion で使用可能な解決策はありません。

ハードウェア ベンダーが提供するアップグレードにアクセスできない ESXi 5.0 ホストの場合、またはハードウェア ベンダーでまだアップグレードを作成していない場合は、VMware により適切な VIB が用意されており、この記事に添付されています。VIB をインストールするには、「VMware ESXi 5.x および ESXi 6.0.x での非同期ドライバのダウンロードとインストール (2014941)」の「esxcli および async ドライバ VIB ファイルを使用した既存の ESXi インストール」のセクションを参照してください。

:ハードウェア MMU モードのメンテナンスはホストの処理パワーの低下を防ぐのに役立つため、前述の解決策が優先されます。


ソフトウェア MMU:

BIOS の更新が使用可能でない場合にこの問題を回避するには、該当するホスト上の仮想マシンの MMU モードをソフトウェアに変更します。

:ソフトウェア MMU モードを使用すると、パフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。できる限り、BIOS のソリューションを使用してください。


該当するホスト上の仮想マシンの MMU モードをソフトウェアに変更するには:
  1. Tech Support モードを使用して ESXi ホストにログインします。詳細については、「ESXi 4.1、ESXi 5.x および ESXi 6.0 での Tech Support モードの使用 (2053295)」を参照してください。
  2. テキスト エディタを使用して /etc/vmware/config ファイルを開き、次の行を追加します。

    monitor.virtual_mmu = "software"

  3. 仮想マシンを再起動するか、別のホストに移行します。

仮想マシンのいずれかの .vmx ファイルで monitor.virtual_mmu が設定されている場合は、次の追加のアクションも実行します。

  1. monitor.virtual_mmu の値がある場合はすべて、仮想マシンの .vmx ファイルから削除します。

    あるいは、次の PowerCLI スクリプトを使用して、すべての仮想マシンを変更します。

    Get-VM | Get-View | foreach {
    $spec = New-Object VMware.Vim.VirtualMachineConfigSpec
    $spec.flags = New-Object VMware.Vim.VirtualMachineFlagInfo
    $spec.flags.virtualMMuUsage = "off"
    $spec.flags.virtualExecUsage = "hvOn"
    $taskMoRef = $_.ReconfigVM_Task($spec)
    }


  2. すべての仮想マシンの電源を入れ直すか、/etc/vmware/config ファイルに monitor.virtual_mmu = software 設定が追加されているホストへの vMotion 移行を実行します。

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 1 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 1 Ratings
Actions
KB: