Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

VMware vCenter Server 4.x、5.x、および 6.x の診断情報の収集 (2075326)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事「Collecting diagnostic information for VMware vCenter Server 4.x, 5.x and 6.x (1011641)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Purpose

この記事では、VMware vCenter Server の vCenter Server サポート バンドルの取得方法について説明します。
 
VMware テクニカル サポートでは通常、サポート リクエストを処理する際に、診断情報の送付をお願いしています。この診断情報には、製品固有のログ、構成ファイル、状況に適したデータが含まれます。この情報は、各製品の特定のスクリプトやツールを使用して収集され、ESXi ホストからのホストのサポート バンドルおよび vCenter Server サポート バンドルを含めることができます。ホストのサポート バンドルに収集されたデータは、機密情報と見なされます。さらに、vSphere 6.5 の時点で、サポート バンドルには ESXi ホストからの暗号化情報が含まれる場合があります。サポート バンドルに含まれる情報の詳細については、「Data collected when gathering diagnostic information from vSphere products (2147388)」を参照してください。

この記事に従って取得した診断情報は、VMware テクニカル サポートにアップロードされます。情報を一意に識別するために、新しいサポート リクエスト (SR) の作成時に受け取る SR 番号を使用します。

Resolution

vCenter Server サポート バンドルは、次の方法を使用して vCenter Server から収集することができます。お使いの環境に最も適した方法を選択してください。

VMware vSphere Client (vCenter Server 6.0 以前) を使用してサポート バンドルを収集する


vSphere Client を使用して診断情報を収集するには:
  1. vSphere Client を使用して vCenter Server に接続します。
  2. 診断情報の収集を開始します。詳細については、「Collecting diagnostic information for VMware ESXi/ESX using the vSphere Client (653)」を参照してください。
  3. チェック ボックスを選択して、vCenter Server からの情報を含めます。

    ダウンロードが完了すると指定したフォルダにログ バンドルが表示されます。ログ バンドルには現在の日時で名前が付けられます。例:

    VMware-vCenter-support-yyyy-mm-dd@ HH-MM-SS.zip

PowerCLI を使用して vCenter Server からサポート バンドルを収集する

VMware PowerCLI を使用して、管理対象 ESXi/ESX ホストと同時に、vCenter Server サポート バンドルを収集することができます。詳細については、「Collecting diagnostic information for VMware vCenter Server and ESXi/ESX using the vSphere PowerCLI (1027932)」を参照してください。

vSphere Web Client を使用して vCenter Server 5.1 以降からサポート バンドルを収集する

vSphere Web Client が vCenter Server システムに接続されている場合、vCenter Server サポート バンドルを生成してダウンロードするホストを選択することができます。詳細については、「Collecting diagnostic information for ESXi/ESX hosts and vCenter Server using the vSphere Web Client (2032892)」を参照してください。

:vSphere Web Client のログ ブラウザ機能を使用して、vCenter Server またはホストの 1 つ以上のサポート バンドルを表示、検索、およびエクスポートすることもできます。詳細については、「Using the Log Browser to view, search, and export Logs for troubleshooting (2032888)」を参照してください。

コマンド ラインを使用して vCenter 5.x Server Appliance からサポート バンドルを収集する

  1. vCenter Server Appliance へのコンソール セッションを開きます。
  2. root など、管理者ユーザーとしてログインします。
  3. 次のコマンドを実行します。

    /usr/sbin/vc-support.sh

    このコマンドでは、サポート バンドルに含まれる各ファイルと、作成されたバンドルのパスとファイル名が一覧表示されます。バンドルには、コマンドを発行したディレクトリの下に現在の日付で名前が付けられます。例:

    /root/vcsupport-yyyy-mm-dd.pid.zip

コマンド ラインを使用して vCenter 6.0 以降の Server Appliance か外部の Platform Service Controller からサポート バンドルを収集する

  1. vCenter Server Appliance へのコンソール セッションを開きます。
  2. root など、管理者ユーザーとしてログインします。
  3. shell.set --enabled true」と入力し、Enter キーを押します。
  4. shell」と入力し、Enter キーを押します。
  5. 次のコマンドを実行して、ログを /storage/log/ にエクスポートします。

    vc-support -l

Web ブラウザを使用して vCenter 6.0 Server Appliance または外部の Platform Service Controller からサポート バンドルを収集する

  1. Web ブラウザを開き、次のリンクに移動します。 https://vCenter_server_FQDN:443/appliance/support-bundle
  2. プロンプトが表示されたら、root 認証情報を入力して Enter キーをクリックします。

    vm-support.tgz としてダウンロードが自動的に開始します。

Web ブラウザを使用して vCenter 5.x Server Appliance からサポート バンドルを収集する

  1. Web ブラウザを開き、次へ移動します。

    https://vCenter_Server_IP_address:5480

  2. 自分の認証情報を使用するか、ローカル管理者としてログインします。
  3. [vCenter Server] タブをクリックします。
  4. [ステータス] タブをクリックします。
  5. [vCenter Server サポート バンドルのダウンロード] リンクをクリックします。
    完了すると、サポート バンドルは次の場所にある VCSA に置かれます。

    /tmp/vc-support-bundle/

[スタート] メニュー項目を使用して vCenter Server for Windows 4.0 以降からサポート バンドルを収集する

  1. VMware vCenter Server がインストールされている Windows サーバにログインします。
  2. [スタート] > [すべてのプログラム] > [VMware] > [vCenter Server ログ バンドルの生成 - 拡張] または [スタート] > [すべてのプログラム] > [VMware] > [vCenter Server] > [vCenter Server ログ バンドルの生成] の順にクリックします。

    :Windows 2008 R2 では、[管理者として実行] を使用します。

  3. コマンド プロンプト ウィンドウが開き、ログ収集の進行状況が表示されます。
    完了すると、コマンド プロンプト ウィンドウが閉じます。ログ バンドルは、現在の日時で名前が付けられ、現在のユーザーのデスクトップに置かれます。例:

    vc-support-mm-dd-yyyy-HH-MM.zip
Note: [vCenter Server のログ バンドルの生成] をクリックすると、以下のスクリプトがバックグラウンドで実行されます。

C:\Windows\System32\cscript.exe "C:\Program Files\VMware\Infrastructure\VirtualCenter Server\scripts\vc-support.wsf" /z 

このスクリプトは、vpxd プロセスのライブ コア ダンプを作成します。これにより、プロセスがサスペンドされ、メモリ ダンプが作成されます。その間、メモリ ダンプが作成されるまで、ホストは切断される場合があります。

これを回避するには、vCenter ログを生成し、以下のコマンドを実行します。そうすると、メモリ ダンプの作成はスキップされます。

 C:\Windows\System32\cscript.exe "C:\Program Files\VMware\Infrastructure\VirtualCenter Server\scripts\vc-support.wsf" /nlc /z 

コマンドラインを使用して vCenter Server for Windows 2.5 以降から vCenter Server サポート バンドルを収集する

  1. VMware vCenter Server がインストールされている Windows サーバにログインします。
  2. コマンド プロンプトを開きます。
  3. ディレクトリを vCenter Server インストール ディレクトリに変更します。例:

    cd "C:\Program Files\VMware\Infrastructure\VirtualCenter Server\"

  4. vc-support.wsf コマンドを実行してログ バンドルを生成します。

    • 64 ビット Windows 上の vCenter Server 4.x:

      %WINDIR%\SysWOW64\cscript.exe vc-support.wsf

    • その他すべてのバージョン:

      cscript scripts\vc-support.wsf

      デフォルトのデスクトップ場所からリダイレクトするには:

      cscript scripts\vc-support.wsf /z /s:output_location

      このコマンドでは、サポート バンドルに含まれる各ファイルと、作成されたログ バンドルのパスとファイル名が一覧表示されます。ログ バンドルには現在の日付で名前が付けられます。例:

      vcsupport-mm-dd-yyyy-HH-MM.zip

:vCenter Server サポート バンドルでは、Auto Deploy サーバのログ情報は収集されません。Auto Deploy ログを取得するには、「Troubleshooting vSphere Auto Deploy (2000988)」を参照してください。

Additional Information

診断バンドルのアップロードの詳細については、「Uploading diagnostic information to VMware (1008525)」を参照してください。

Tags

診断データを収集する-データ収集診断情報-vcenter-診断データを収集する、vcenterログ
 
日本語

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: