Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

VMware による open-vm-tools のサポート (2074713)

  • 2 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事 「VMware support of open-vm-tools (2073803)」 の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Purpose

この記事には、open-vm-tools のメリット、コンテンツ、可用性、VMware のサポートに関する情報が記載されています。

Resolution

メリット

open-vm-tools は、VMware Tools のオープン ソースの実装で、VMware 環境内で仮想マシンの機能や管理を改善する一連の仮想化ユーティリティで構成されています。open-vm-tools のおもな目的は、オペレーティング システム ベンダーやコミュニティ、および仮想アプライアンス ベンダーがそれぞれの製品リリースに VMware Tools をバンドルできるようにすることです。

open-vm-tools をバンドルするメリットは、次のとおりです。
  • エンド ユーザーは、すぐに使えるため、VMware 仮想インフラストラクチャに仮想マシンを効率的にデプロイできます。
  • open-vm-tools は完全にサポートされている VMware Tools のオープン ソース実装であるため、open-vm-tools がオペレーティング システムにバンドルされていると、VMware Tools を別途インストールする必要がなくなります。
  • open-vm-tools の更新パッケージはオペレーティング システムのメンテナンス更新やパッチとして提供されるため、運用コストやマシンのダウンタイムが削減されます。これにより、VMware Tools を個別に更新するメンテナンス サイクルがなくなります。
  • open-vm-tools の互換性マトリックスの確認は必要ありません。ゲスト OS リリースの VMware Compatibility Matrix に従えば十分です。
  • オペレーティング システムにバンドルされている open-vm-tools は、各 OS リリース用に最適化されて、フットプリントも小さくなっています。

    :Linux 仮想マシンのカスタマイズを許可するには、deployPkg プラグインをインストールする必要があります。詳細については、 Installing the deployPkg plug-in in a Linux virtual machine with open-vm-tools version lower than 9.10 (2075048) を参照してください。


目次

open-vm-tools は、次のパッケージで構成されています。

  • open-vm-tools パッケージ

    このパッケージには、vmtoolsd を含む、コアの open-vm-tools ユーザースペース プログラムやライブラリが含まれています。このパッケージで有効になる機能は次のとおりです。

    • ゲスト OS クロックと仮想化プラットフォームの同期
    • 仮想インフラストラクチャでパワー操作(シャット ダウン)、および仮想マシンのファイル システムの静止を正常に実行できます
    • ゲストから仮想インフラストラクチャへのハートビートを提供し、vSphere High Availability (HA) をサポートします
    • リソース使用率やネットワーク情報などの、仮想化プラットフォームに対するゲスト OS についての情報を公開します
    • 仮想化インフラストラクチャからゲスト OS 内でさまざまな操作を実行するための、安全な認証メカニズムを提供します
    • open-vm-tools の機能を拡張またはカスタマイズできる追加のプラグインを受け入れます

  • open-vm-tools-desktop パッケージ

    このオプション パッケージは、open-vm-tools を追加のユーザースペース プログラムやライブラリで拡張し、仮想マシンのインタラクティブ機能を改善します。このパッケージは X に依存するため、X が利用できる場合にのみインストールする必要があります。このパッケージで有効になる機能は次のとおりです。

    • ホスト コンソール ウィンドウや vSphere の VMware Remote Console ウィンドウに合わせてゲスト表示のサイズを調整できます
    • ホストとゲスト UI 間で双方向にテキストのコピーおよび貼り付けの操作を行うことができます
    • VMware Workstation および VMware Fusion 製品(vSphere ではサポートされていない)のゲストおよびホスト間で双方向にドラッグ アンド ドロップ操作を行うことができます

  • open-vm-tools-devel パッケージ

    このオプション パッケージは open-vm-tools を、open-vm-tools を使用したアプリケーションの開発で使用するために追加のユーザースペース ライブラリで拡張します。パッケージには以下が含まれます。

    • vmtoolsd プラグインを開発するためのライブラリ
    • ライブラリのドキュメント

  • open-vm-tools-debuginfo パッケージ

    このオプション パッケージには、open-vm-tools. をデバッグするための追加のバイナリおよびソース コードが含まれています。


可用性

オペレーティング システム ベンダーやコミュニティおよび仮想アプライアンス ベンダーは open-vm-tools のソース コードを http://open-vm-tools.sourceforge.net/ から入力できます。

エンド ユーザーは、オペレーティング システム ベンダーやコミュニティによって、または仮想アプライアンス内で再配布された open-vm-tools を入手します。open-vm-tools とオペレーティング システム リリースの統合はさまざまです。最高度の統合では、open-vm-tools が OS メディアに含まれ、OS インストール中にデフォルトでインストールされます。その他の場合、open-vm-tools が OS メディアに含まれていても、インストール中に別途指定しない限り、デフォルトではインストールされません。さらに、一部のオペレーティング システムでは open-vm-tools がオンライン リポジトリを介して提供され、インストール後にオペレーティング システム パッケージ マネージャを使用してインストールできます。

open-vm-tools は、次のオペレーティング システムで利用できます。
  • Fedora 19 以降のリリース
  • Debian 7.x 以降のリリース
  • openSUSE 11.x 以降のリリース
  • 最新の Ubuntu リリース(12.04 LTS、13.10 以降)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 以降のリリース
  • CentOS 7 以降のリリース
  • Oracle Linux 7 以降のリリース
  • SUSE Linux Enterprise 12 以降のリリース


VMware サポート ポリシー

  • VMware では、オペレーティング システム ベンダーが再配布する open-vm-tools を使用することを推奨しています。
  • VMware は、オペレーティング システムによって再配布される open-vm-tools を含む仮想マシンを完全にサポートしており、それは OS ベンダーや OS コミュニティと協力して行われます。ただし、オペレーティング システム リリースは、オンラインの『VMware Compatibility Guide』で特定の VMware 製品で認定されたものとして公開されている必要があります。
  • VMware は、open-vm-tools と OS リリースの統合について、オペレーティング システム ベンダーやコミュニティに支援を提供しています。
  • VMware は open-vm-tools を含む仮想アプライアンスを完全にサポートし、それは仮想アプライアンス ベンダーと協力して行われます。
  • VMware では、オペレーティング システム ベンダーが再配布する open-vm-tools を削除することを推奨していません。


よく寄せられる質問 (FAQ)

  • オペレーティング システムに open-vm-tools をインストールするにはどうすればよいですか?

    OS ベンダーからの特定リリース向けのインストール手引きに従うか、http://partnerweb.vmware.com/GOSIG/home.html を確認します。

  • open-vm-tools を更新するにはどうすればよいですか?

    Updates of open-vm-tools の更新は、仮想アプライアンスへの更新に加えて、オペレーティング システムの更新やパッチとして配布されます。

  • 古いバージョンの open-vm-tools を含む古いオペレーティング システム リリースを使用しています。問題はありますか?

    オペレーティング システム リリースが、オンラインの『VMware Compatibility Guide』で、特定の VMware 製品で認定されたものとして公開されている場合、構成はサポートされます。

  • 特定の VMware 製品向けに open-vm-tools の特定のバージョンが必要ですか?

    いいえ。open-vm-tools の各バージョンは、過去や将来の VMware 製品の複数のバージョンと互換性があります。ゲスト OS リリースの互換性マトリックスに従えば十分です。

  • open-vm-tools がインストールされている仮想マシンは、vSphere Client で、[管理対象ゲスト] または [3rdParty/非管理対象] と表示されます。それは、どういう意味ですか?

    これは、その仮想マシンにある open-vm-tools ソフトウェアのアップグレードをインストールするために vCenter Server を使用できないことを意味します。その代わりに、open-vm-tools のインストールと更新は各ゲスト OS 内からネイティブのパッケージ マネージャ(yum または apt など)を使用して管理する必要があります。open-vm-tools の更新はインストールの更新およびゲスト OS または仮想アプライアンスのパッチと同期して入手することを想定してください。

    [管理対象ゲスト] や [3rdParty/非管理対象] などのメッセージは、open-vm-tools やゲスト OS のサポート状況を示すものではありません。オペレーティング システム リリースのサポート状況は、『VMware Compatibility Guide』で公開されています。また、認定されているオペレーティング システム リリースとともに使用するために OS ベンダーや OS コミュニティから配布される open-vm-tools は、VMware によって完全にサポートされています。

    :[3rdParty/非管理対象] でも、OS ベンダーがサポートする open-vm-tools が VMware の認定するオペレーティング システムで使用されている限り、特定の環境での VMware のサポート コミットメントが変わることはありません。詳細については、『VMware Compatibility Guide』を参照してください。

  • なぜ open-vm-tools はオペレーティング システムに含まれないのですか?

    open-vm-tools の再配布と統合は、オペレーティング システムのベンダーとコミュニティによって行われます。open-vm-tools の可用性については、OS ベンダーにお問い合わせください。ご使用のオペレーティング システムで利用できない場合は、VMware が配布する VMware Tools をインストールしてください。

  • open-vm-tools のリリース頻度はどれくらいですか?

    open-vm-tools は、vSphere の各メジャー/マイナー リリースや、vSphere ESXi の一部の更新やパッチ リリースと同期してリリースされます。そのお知らせを受け取るには、以下のメーリング リストに登録してください。

    http://sourceforge.net/p/open-vm-tools/mailman/open-vm-tools-announce/

  • オペレーティング システムや仮想アプライアンスの開発者として、open-vm-tools の統合に関するヘルプはどのように得られますか?

    オペレーティング システム開発者向けのサポートは、メーリング リスト http://sourceforge.net/p/open-vm-tools/mailman/open-vm-tools-devel/ または VMware TAP Portal を通して提供されます。

  • オペレーティング システムまたは仮想アプライアンスの開発者として、バグの報告や機能リクエストはどのように登録できますか?

    バグの報告や機能リクエストは、次の Sourceforge サイトを通して行えます。

    http://sourceforge.net/p/open-vm-tools/tracker/

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 2 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 2 Ratings
Actions
KB: