Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

Raw デバイス マッピング(RDM)を使用している仮想マシンの移行 (2068529)

  • 1 Ratings

Symptoms

免責事項: これは英文の記事 Migrating virtual machines with Raw Device Mappings (RDMs) (1005241)の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Purpose

この記事には、Raw デバイス マッピング (RDM) を使用している仮想マシンの移行時に生じる共通の疑問がいくつか記載されています。

RDM を使用している仮想マシンの移行には、次の 3 つの方法があります。
  • 仮想マシンをパワーオンしたまま行うウォーム移行(vMotion)。
  • 仮想マシンをパワーオフした状態で行うコールド移行。
  • 仮想マシンをパワーオンしたまま行うストレージ移行(Storage vMotion)。

Resolution

 
警告:
RDM が仮想マシン構成から削除されると、VMFS データストアのサイズを増やそうとしたときに、この RDM に関連付けられているデバイスが使用可能なデバイスのリストに表示されます。 プロセスの最中にこのデバイスを選択することはできますが、それによりデバイス上の既存のデータが上書きされる可能性があります。

そのように誤って消してしまうことを防ぐには、次のいずれかのオプションを使用します。

  • VMFS データストアの増加を実行するときにこれらのデバイスは選択されない旨を関係者全体に通知する。
  • 問題のあるデバイスを、クラスタ内のすべての ESXi ホストから一時的に切断する。

    : HBA の再スキャンでは、これらのデバイスが再接続される可能性があります。

vMotion

  • vMotion を使用して移行した場合、仮想マシンのファイルは再配置されません。
  • 仮想マシンは、ターゲット ホストに再登録されます。
  • 仮想マシンが別のホストに再登録されるとき、RDM はいずれも RDM として残ります。 つまり、仮想マシン自体には何の変更も加えられないということです。

コールド移行

ファイルの再配置を使用した場合:
  • 非 RDM 仮想ディスクはいずれも、ターゲットに物理的に移動されます。
  • 仮想マシン構成ファイルは、ターゲットに物理的に移動されます。
  • Raw LUN は、SAN から提供される Raw ディスクであるため、そのものを移動することはできません。 ただし、ポインタ ファイル (RDM) は必要に応じて再配置できます。
  • 接続されている RDM を使用して仮想マシンのコールド移行を実行する場合、RDM によってマップされた Raw LUN のコンテンツは、Raw LUN を仮想ディスクに効果的に変換または クローン作成して、ターゲットにある新しい .vmdk ファイルにコピーされます。 これは、仮想マシンが ESX ホスト間を移動しない場合にも適用されます。 このプロセスでは、元の raw LUN はそのまま残ります。 ただし、仮想マシンがそれに対する読み書きを行わなくなります。 その代わりに、新たに作成された仮想ディスクが使用されるようになります。
  • RDM のクローン作成または変換を行わずに仮想マシンのコールド移行を実行したい場合は、移行の前にそれらを仮想マシンの構成から削除しておきます。 RDM を削除するとき、ディスクから RDM を削除できます(raw LUN の内容は変更されません)。 完了したらそれらを再度構成に追加します。
  • ESXi 5.x 以降の場合: 移行中、移行ウィザードの詳細セクションを使用し、ターゲットでファイルの同じフォーマットを維持するか、シック/シン ディスクに変換するかを選択することができます。
  • 仮想マシンの登録は変更されますが、ファイルはそのまま残ります。

クローン作成

RDM なしで仮想マシンのクローン作成を実行したい場合は、移行の前にそれらを仮想マシンの構成から削除しておきます。 RDM を削除するとき、ディスクから RDM を削除できます(raw LUN の内容は変更されず、RDM のマッピング ファイルのみが削除されます)。 完了したらそれらを再度構成に追加します。

Storage vMotion

  • Storage vMotion を実行すると、仮想マシンのファイルがターゲット データストアに物理的に再配置されます。 Storage vMotion の完了後、同じホストが仮想マシンの所有権および登録を保持します。
  • Virtual Infrastructure 3.5 の場合、仮想ディスクと仮想および物理モードの RDM ポインタ ファイルをターゲット データストアに再配置することができますが、移行中にシック プロビジョニングまたはシン プロビジョニングされたディスクに変換することはできません。 仮想マシンの RDM ポインタ ファイルは、プロセス完了時に RDM ポインタ ファイルのまま残ります。
  • vSphere 4.0 以降の場合:

    • 仮想ディスクおよび仮想モードの RDM ポインタ ファイルをターゲット データストアに再配置できます。
    • ターゲットが NFS データストアでない限り、仮想ディスクを移行中にシック プロビジョニング またはシン プロビジョニングされたディスクに変換することができます。
    • 物理モードの RDM ポインタ ファイルは、ターゲット データストアに再配置できますが、物理モードの RDM データを Storage vMotion を使用して VMDK ディスクに移行することはできません。
    • 仮想モード RDM データは、十分なライセンスがある限り、[詳細] ビューから [ディスクのフォーマット] を選択することで、Storage vMotion を使用して VMDK ディスクに移行することができます。

  • ESXi 5.x 以降では、Storage vMotion 操作中に、移行ウィザードの詳細セクションでディスク タイプにシックまたはシン プロビジョニングを選択することにより、仮想モードの RDM データを新しい VMDK ディスクに移行できます。
  • Storage vMotion を使用して 2TB を超える物理モード RDM ポインタ ファイルを移行する場合は、vSphere Web Client を使用する必要があります。

  • 物理モードの RDM データは、コールド移行でのみ VMDK ディスクに移行できます。 詳細については、「Migrating RDMs, and a question for RDM Users」のブログ記事を参照してください。

  • 移行ウィザードの詳細セクションで RDM のターゲット フォーマットをシックまたはシン プロビジョニングに変更しない場合、RDM マッピング ファイルのみがターゲット データストアに移行されます。
  • N-Port ID Virtualization (NPIV) を使用している場合、Storage vMotion はサポートされません。 詳細については、『vSphere Storage Guide』の「NPIV Capabilities and Limitations」セクションを参照してください。
  • 詳細な方法を使用して仮想モードの RDM の Storage vMotion を試みていて、RDM ポインタ マッピング ファイルがターゲット データストアにすでに存在する場合、Storage vMotion はすぐに終了しますが、データの移動は行われません。 これは、Storage vMotion がマッピング ファイルのソース データストアとターゲット データストアが同一であることを検出し、それによって移動が必要ないと判断するためです。

    この問題を回避するには、次の手順を実行します:

    1. RDM を仮想マシンから削除し、ディスクから削除して、マッピング ファイルが削除されたことを確認します。 これによって、RDM 内のデータが削除されることはありません。
    2. 再度 RDM を追加し、Storage vMotion の最終的なターゲットとは異なるデータストアにマッピング ファイルを入れます。
    3. 仮想マシンの再構成が終了した後、再び Storage vMotion を試みます。

      : ダウンタイムを避けるために、仮想モードの RDM ポインタ ファイルを代替データストア (実際のターゲット データストアとは異なるいずれかのデータストア) に移行し、その後 Thick Zeroed または Thick Eager Zeroed のいずれかのディスク フォーマットを使用して同じポインタ ファイルを Storage vMotion で戻します。 du -ah コマンドを使用して、代替データストア上のディレクトリにポインタが存在するかどうかを確認できます。

移行中に関係するさまざまな手順の詳細については、「仮想マシンの移行 (2080219)」を参照してください。

Storage vMotion の使い方については、「Storage vMotion を使用した仮想マシンの移動 (2081517)」を参照してください。

この表には、使用可能なオプションと要件が記載されています。

Storage vMotion(SvMotion) vCenter Server 2.5 vCenter Server 4.x/5.x RDM 仮想互換モード RDM 物理互換モード 仮想マシンはホストを変更できる 仮想マシンのスナップショット
ESXi/ESX 3.5 リモート CLI スクリプトを使用してサポート:
svmotion.pl
はい はい はい いいえ SvMotion の実行中の仮想マシンのスナップショットは不可。
ESXi/ESX 4.x サポート対象外: VirtualCenter 2.5 は、ESXi/ESX 4.x ホストを管理できません。 はい はい はい はい SvMotion の実行中の仮想マシンのスナップショットは不可。
ESXi 5.0 以降

ESXi 6.0.x
サポート対象外: vCenter Server 2.5 は、ESXi 6.0.x に加えて ESXi 5.0 以降のホストを管理できません vCenter Server 5.x のみ
vCenter Server 6.x のみ
はい はい はい はい


Storage vMotion CLI スクリプトの詳細については、次の項目を参照してください。
Storage vMotion の要件および制限については、ESXi/ESX で使用するバージョンの『Basic System Administration Guide』の「Storage vMotion Requirements and Limitations」セクションを参照してください。

Additional Information

スナップショット

特に、仮想マシン構成からマッピングまたはディスクを削除し、後で再度追加する場合は、ストレージ移行を実行する前にスナップショットがコミットされていることを確認してください。 対応するディスクの再接続中、VMware Infrastructure または vSphere Client では、仮想マシン構成に追加して戻す特定の(前の)スナップショット レベルまたは .vmdk ファイルを再選択することができません。

使用するターゲット データストアのブロック サイズおよびキャパシティの制限

Raw デバイス マッピングは、大きな Raw LUN を表す場合があります。RDM がまだ添付された状態で仮想マシンのクローン作成を行うと、RDM によってマッピングされた raw LUN の内容がターゲットの新しい仮想ディスク(.vmdk)ファイルにコピーされます。ターゲットまたはターゲット データストアに raw LUN の大きさの連続する 1 つのファイルを保存する容量がなければ、RDM の仮想ディスク(.vmdk)ファイルへの変換が正常に行われません。 大容量仮想ディスクでも、要件や制約は同じです。

たとえば、ターゲット データストアが 2 MB のブロック サイズで作成された VMFS-3 で、変換または移行する RDM または仮想ディスクが 640 GB の場合、プロセスは失敗します。 512 GB 以上のファイルを保存するには、4 MB 以上の VMFS-3 ブロック サイズが必要です。 詳細については、VMFS データストアのブロック サイズ制限 (2014761) を参照してください。

Tags

ストレージvmotion rdm,RDM からVMDKの変換が失敗する、vmを一つのホストからもう一つのホストにRDMディスクを使用して移動してください。
日本語

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 1 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 1 Ratings
Actions
KB: