Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

「子が作成されたあとに、親仮想ディスクが変更されています(The parent virtual disk has been modified since the child was created)」エラー (2041498)

  • 0 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事「"The parent virtual disk has been modified since the child was created" error (1007969)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。 

  • 子ファイルが作成された後に親ファイルが変更されている場合、仮想マシンをパワーオンできない、またはスナップショットを統合できない。これには、ベース ディスクおよびスナップショットの差分ファイルが含まれる。
  • 変更または発生した不一致に応じて、次のいずれかのエラーが表示される。
    • Failed to open 'virtual machine disk' with flags 0xe (The parent virtual disk has been modified since the child was created)
    • Failed to open (The parent virtual disk has been modified since the child was created)
    • Failed to open 'virtual machine disk': The parent virtual disk has been modified since the child was created (18).
    • DISKLIB-LINK : Attach: Content ID mismatch (7b7644b2 != 4f5a6761)
    • DISKLIB-LINK : Attach: the capacity of each link is different (83886080 != 46399652).

  • vSphere Client で次のエラーが表示される。

    Cannot open the disk '/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda1-19-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000001.vmdk' or one of the snapshot disks it depends on.
    Reason: The parent virtual disk has been modified since the child was created.

  • 仮想マシンのログに、次のようなエントリが含まれている。

    vmx| DISKLIB-LINK : Attach: Content ID mismatch (d0fdb25b != ef4854ee).
    vmx| DISKLIB-CHAIN : "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm.vmdk" : failed to open (The parent virtual disk has been modified since the child was created).
    vmx| DISKLIB-VMFS : "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000002-delta.vmdk" : closed.
    vmx| DISKLIB-VMFS : "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000001-delta.vmdk" : closed.
    vmx| DISKLIB-VMFS : "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-flat.vmdk" : closed.
    vmx| DISKLIB-LIB : Failed to open '/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000002.vmdk' with flags 0xa (The parent virtual disk has been modified since the child was created).
    vmx| DISK: Cannot open disk "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000002.vmdk": The parent virtual disk has been modified since the child was created (18).
    vmx| Msg_Post: Error
    vmx| [msg.disk.noBackEnd] Cannot open the disk '/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000002.vmdk' or one of the snapshot disks it depends on.
    vmx| [msg.disk.configureDiskError] Reason: The parent virtual disk has been modified since the child was created.----------------------------------------
    vmx| Module DiskEarly power on failed.


  • スナップショットの除去、削除またはコミット時に、仮想マシンが突然シャットダウンする。
  • Storage vMotion の実行や移行の直後に、仮想マシンが突然シャットダウンする。
  • 仮想マシンをパワーオンしようとすると、次のエラーが表示される。

    A general system error occurred: Internal error 

  • スナップショットを削除、または仮想マシンをパワーオンしようとすると次のエラーが表示される。

    Content ID mismatch

  • スナップショットのコミット時に仮想マシン内にマウントされている RDM を増やすと、次のようなエラーが表示される。

    DISKLIB-LINK : DiskLinkIsAttachPossible: the capacity of each link is different (262144000 != 52428800)
    /vmfs/volumes/<datastore-name>/<vm-name>/<vm-name>.vmdk" : failed to open (The capacity of the parent virtual disk and the capacity of the child disk are different)
    DISKLIB-VMFS : "./<vm-name>-000002-delta.vmdk" : closed.
    DISKLIB-VMFS : "/vmfs/volumes/<datastore-name>/<vm-name>/<vm-name>-000001-delta.vmdk" : closed.
    DISKLIB-VMFS : "/vmfs/volumes/datastore/<vm-name>/<vm-name>-rdm.vmdk" : closed.
    DISKLIB-LIB : Failed to open '<vm-name>-000002.vmdk' with flags 0x17 The capacity of the parent virtual disk and the capacity of the child disk are different (67).
    Failed to open <vm-name>-000002.vmdk' : The capacity of the parent virtual disk and the capacity of the child disk are different (67)

Purpose

この記事では、仮想マシンの 2 つ以上の仮想ディスク ファイル間における内容 ID の不一致状態を診断して修正する手順を説明します。
 
:この記事に記載されている親 CID および CID の不一致を修正するための手順は、VMFSSPARSE および SESPARSE タイプの差分ディスクに対して有効です。

Resolution


概要

仮想マシン ディスク記述子ファイルの内容 ID (CID) 値は、フラットまたはベース ディスクなどの親仮想ディスク ファイルの内容を確認するための目的を整合性のとれた状態に保持するのに役立ちます。

ベース ディスクのスナップショットから派生する子の差分ディスクには、以降の書き込みと変更がすべて含まれます。これらの変更はソース ディスクによってもとのままの形に保ちます。

仮想マシンのディスク記述子ファイルは、仮想ディスクまたは仮想ディスク差分ファイルの基本構造、形式、または ID および処理を詳述します。CID は、統合または状態追跡のために各仮想マシンのディスク記述子に存在します。

ベース ディスクの記述子ファイルの例:
examplevm.vmdk

# Disk DescriptorFile
version=1
CID= 7b7644b2
parentCID=ffffffff
createType="vmfs"


# Extent description
RW 20971520 VMFS "examplevm-flat.vmdk"

# The Disk Data Base
#DDB

ddb.toolsVersion = "0"
ddb.adapterType = "lsilogic"
ddb.geometry.sectors = "63"
ddb.geometry.heads = "255"
ddb.geometry.cylinders = "1305"
ddb.uuid = "60 00 C2 9f ae de ba e9-95 4e a7 a6 4e 95 c1 c1"
ddb.virtualHWVersion = "4"

差分ディスクの記述子ファイルの例
examplevm-000001.vmdk:

# Disk DescriptorFile
version=1
CID= 69a1c662
parentCID= 7b7644b2
createType="vmfsSparse"
parentFileNameHint="examplevm.vmdk"

# Extent description
RW 20971520 VMFSSPARSE "examplevm-000001-delta.vmdk"

# The Disk Data Base
#DDB

ddb.toolsVersion = "7302"

examplevm-000001.vmdk は、examplevm.vmdk を指し、別の意味でこれに依存します。

仮想マシンは仮想ディスクを参照する場合、ベース ディスクの記述子ファイルまたはスナップショット差分の記述子ファイルを参照します。次の例では、仮想マシン構成ファイルまたは examplevm.vmx で、差分ディスク記述子ファイルが参照されます。

scsi0:0.present = "true"
scsi0:0.fileName = "examplevm-000001.vmdk"
scsi0:0.deviceType = "scsi-hardDisk"

仮想マシンがパワーオンされるときは常に、参照されるベースまたは差分ディスク記述子ファイルの CID 値が変更されます(上記の青字の CID を参照)。

examplevm-000001.vmdk before power-on:
CID= 69a1c662
parentCID=7b7644b2
examplevm-000001.vmdk after power-on:
CID= 6aff3ba2
parentCID=7b7644b2


これはすべて、良好な実行状態の仮想マシンを詳述しています。ここで不一致を見つけることができます。この不一致によりこの仮想マシンに対しタスクが正常に実行されません。

examplevm.vmdk:
CID= 12a9ffab
parentCID=ffffffff
examplevm-000001.vmdk:
CID=69a1c662
parentCID= 7b7644b2

実際に CID の不一致によって確認されるのは、元のディスク状態が異常になった場合に依存するすべての子の差分内容が無効になることです。これにより格納されているデータが保護され、破損する可能性がなくなります。

原因

内容 ID の不一致状態は、Storage vMotion の実行や移行、VMware ソフトウェア エラー、またはユーザー アクションなどの主要な仮想マシン移行の停止によってトリガされます。

これらの内容 ID は、スナップショットを含む仮想マシン ディスクにのみ使用されます。スナップショットの詳細については、「Understanding virtual machine snapshots in VMware ESXi and ESX (1015180)」を参照してください。

特に回避するシナリオには、以下が含まれます。

トラブルシューティング

CID の不一致が存在する場合、仮想マシン名がエラー メッセージを表示しますが、以下について特定する必要があります。

  • 影響を受けた仮想マシン ディスク
  • 影響を受けた特定のディスク記述子ファイル
  • 不一致の原因または発生した変更

影響を受けた仮想マシン ディスクおよび記述子ファイルの識別

ESX ホストにログインして使用されるデータストアの内容を確認するには、使用される ESX のバージョンに応じていくつかの方法があります。詳細については、「Editing configuration files in VMware ESXi and ESX (1017022)」を参照してください。

  • VMware vSphere Client または VMware Infrastructure Client に提供されているデータストア ブラウザでは、仮想マシン記述子 (1) とフラットまたは差分ファイル (2) が区別されません。これらはデータストア参照を簡単にするために単数のエンティティに折りたたまれます。2 つのファイルを区別する必要があるため、参照記事に記載されている追加のアクセス方法を使用します。
  • Web ベースのデータストア ブラウザ(https://server-ip 経由でアクセス可能)は、VMFS データストアを参照し、仮想マシン記述子ファイルと対応する関連バイナリ ファイルを区別するために使用されます。関連ファイルをデータストア ブラウザからコピーして、編集することができます。編集したファイルは、vSphere Client 経由でデータストアに再度アップロードできます。
  • 発生した問題の性質のため、この問題を解決するための最も速い方法は、個別の ESX ホストで使用可能なコマンドライン インターフェイスを使用することです。コマンドライン使用に関して十分な予備知識がある場合は、この方法を使用します。または、VMware vSphere コマンドライン インターフェイス (CLI) または VMware vSphere Management Assistant アプライアンス (vMA) を使用して、仮想マシン ディスク記述子ファイルを確認のために取得することもできます。
  • 続行できない場合、VMware テクニカル サポートにサポート リクエストを提出してください。詳細については、「Filing a Support Request in My VMware (2006985)」を参照してください。

仮想マシンのファイルおよびディレクトリを見つけたら:

  1. 仮想マシンの vmware.log ファイルには、影響を受けた特定のディスク チェーンを識別する情報が含まれています。ログを確認し、影響を受けた場所とファイルをメモします。 



    vmx| DISKLIB-LINK : Attach: Content ID mismatch (d0fdb25b != ef4854ee).
    vmx| DISKLIB-CHAIN : "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm.vmdk" : failed to open (The parent virtual disk has been modified since the child was created).
    vmx| DISKLIB-VMFS : "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000002-delta.vmdk" : closed.
    vmx| DISKLIB-VMFS : "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000001-delta.vmdk" : closed.
    vmx| DISKLIB-VMFS : "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-flat.vmdk" : closed.
    vmx| DISKLIB-LIB : Failed to open '/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000002.vmdk' with flags 0xa (The parent virtual disk has been modified since the child was created).
    vmx| DISK: Cannot open disk "/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000002.vmdk": The parent virtual disk has been modified since the child was created (18).
    vmx| Msg_Post: Error
    vmx| [msg.disk.noBackEnd] Cannot open the disk '/vmfs/volumes/4a365b5d-eceda119-439b-000cfc0086f3/examplevm/examplevm-000002.vmdk' or one of the snapshot disks it depends on.
    vmx| [msg.disk.configureDiskError] Reason: The parent virtual disk has been modified since the child was created.----------------------------------------
    vmx| Module DiskEarly power on failed.

    :これは、ファイル examplevm-000002.vmdk が、examplevm-000002.vmdk が作成された後に変更されたいずれかの親(それ自体は別の親ファイルを参照)を参照することを示します。次のいずれかのファイルに対し、対策を行う必要があります:examplevm.vmdkexamplevm-000001.vmdk および examplevm-000002.vmdk

  2. 問題点(または複数の問題点)を決定し、修正または編集が必要なディスク記述子ファイルのバックアップ コピーを作成します。上記の例では、examplevm.vmdkexamplevm-000001.vmdk、および examplevm-000002.vmdk のバックアップが必要です。

  3. 影響を受けた記述子ファイルの内容をそれぞれ確認し、不一致の値を比較します。例:

    examplevm.vmdk:
    CID= 12a9ffab
    parentCID=ffffffff

    examplevm-000001.vmdk:
    CID=69a1c662
    parentCID= 7b7644b2

    examplevm-000002.vmdk:
    CID=59fab513
    parentCID=69a1c662


    ディスク examplevm-000002.vmdk はエラーなしで examplevm-000001.vmdk にリンクしています。ただし、ベースディスク examplevm.vmdk が変更されており、これによりエラーが発生しています。
:VMDK ファイルの番号の順序は関係ありません。例:

File              CID    PID
XXX.vmdk          1      ---------

XXX-000002.vmdk   2      1
XXX-000001.vmdk   3      2

VMDK ファイルは有効なチェーンを形成しています。XXX-000002.vmdk ファイルはチェーン内の XXX-000001.vmdk ファイルより優先されます。

内容 ID の不一致の修正

この時点では問題点が特定され、仮想マシンのファイルのバックアップが作成されており、修正を適用する必要があります。

内容 ID の不一致を修正するには:

警告:

  • CID メカニズムは、データが破損しないようにするためにあります。親ファイルに発生した変更に応じて、修正を行った後にゲスト OS が正常に起動できない場合があります。そのような状況にバックアップ リカバリが使用できるようにする必要があります。
  • ここに記載されている手順に正確にしたがわなかった場合、使用環境にとって危険な場合があります。これらの手順を実行した後でも問題が解決しない場合は、VMware テクニカル サポートに問い合わせ、指示にしたがって問題を解決してください。
  1. ディスクが相互に参照されることを確認します。

    ベース ディスク examplevm.vmdk の記述子ファイルの例:

    # Disk DescriptorFile
    version=1
    CID= 12a9ffab
    parentCID=ffffffff
    createType="vmfs"

    # Extent description
    RW 20971520 VMFS "examplevm-flat.vmdk"

    # The Disk Data Base
    #DDB
    ddb.toolsVersion = "0"
    ddb.adapterType = "lsilogic"
    ddb.geometry.sectors = "63"
    ddb.geometry.heads = "255"
    ddb.geometry.cylinders = "1305"
    ddb.uuid = "60 00 C2 9f ae de ba e9-95 4e a7 a6 4e 95 c1 c1"
    ddb.virtualHWVersion = "4"

    差分ディスク examplevm-000001.vmdk の記述子ファイルの例:

    # Disk DescriptorFile
    version=1
    CID= 69a1c662
    parentCID= 7b7644b2
    createType="vmfsSparse"
    parentFileNameHint= "examplevm.vmdk"

    # Extent description
    RW 20971520 VMFSSPARSE "examplevm-000001-delta.vmdk"

    # The Disk Data Base
    #DDB
    ddb.toolsVersion = "7302"

    子の差分ディスク examplevm-000002.vmdk の記述子ファイルの例:

    # Disk DescriptorFile
    version=1
    CID=59fab513
    parentCID= 69a1c662
    createType="vmfsSparse"
    parentFileNameHint= "examplevm-000001.vmdk"

    # Extent description
    RW 20971520 VMFSSPARSE "examplevm-000002-delta.vmdk"

    # The Disk Data Base
    #DDB
    ddb.toolsVersion = "7302"


    :リンクまたはチェーン参照は、青で強調表示されています。この例では、examplevm-000002.vmdk  examplevm-000001.vmdk の子であり、その場合、examplevm.vmdk の子となります。これらの 3 つのディスク ファイルは、仮想マシンとゲスト OS の観点から単数の仮想ディスクを構成します。

  2. テキスト エディタを使用して、2 つの問題点のいずれかの不一致を修正します。詳細については、「 Editing configuration files in VMware ESXi and ESX (1017022)」の「優先されるエディタ」を参照してください。 この例ごとに、examplevm.vmdk ディスク ファイルまたは examplevm-000001.vmdk ディスク ファイルを修正できます。いずれの状況でも、 parentCID  CID の関係が有効である必要があります。

    examplevm.vmdk には 7b7644b2 に変更された CID を含めることができ、examplevm-000001.vmdk の予想される parentCID 値に一致させることができます。または、examplevm-000001.vmdk  parentCID 値を 12a9ffab に変更して、examplevm.vmdk のベース ディスク記述子ファイルの CID に一致するようにできます。独自の CID 値を作成することもできます。

    :CID は、区切り文字のない 8 桁の小文字で構成された 16 進数 (00000000-ffffffff) です。

CID 修正の確認

仮想マシン ファイルに行われた修正は、通常、製品の残りの部分ですぐには認識されません。そのため、その後にパワーオンすると失敗することがあります。

CID 修正を確認するには:

  1. VMware vSphere Client または VMware Infrastructure Client にログインします。
  2. インベントリで仮想マシンを選択し、[サマリ] タブをクリックします。
  3. [リソース] で仮想マシンの構成ファイルを含むデータストアを右クリックして、[参照] を選択します。[データストア ブラウザ] が開きます。
  4. 仮想マシンのディレクトリおよびファイルを探します。手順 7 で使用するため、今は最小化します。
  5. 仮想マシンを右クリックして、[インベントリからの削除] を選択します。
  6. プロンプトが表示されたら、[はい] をクリックして、選択を確認します。仮想マシンが左側のインベントリから表示されなくなります。
  7. 手順 4 から [データストア ブラウザ] をリストアし、仮想マシンの構成ファイル(例えば、examplevm.vmx など)を右クリックして、[インベントリへの追加] を選択します。
  8. 画面のプロンプトに従って、仮想マシンをインベントリに戻します。

    警告
    :ファイルすべての有効なコピーまたはバックアップを行っている場合を除き、仮想マシンをパワーオンしないでください。仮想マシンがパワーオンされると、以降の取り消し不可能な変更がディスク構造に適用されます。

  9. 準備ができたら仮想マシンをパワーオンして、ゲスト OS のステータスを確認します。ファイル システムの整合性チェックを実行して、初回の CID 不一致の原因となったディスク チェーン変更から発生した問題を探し出して修正できます。

また、最上位レベルのスナップショット .vmdk に対して次のコマンドを実行して、CID の不一致が修正されているかどうかを確認することもできます。

vmkfstools -q snapshot_ xxxxxx#.vmdk -v10 | less 

または

ESXi 5.x の場合:

vmkfstools -e snapshot_ xxxxxx #.vmdk

 
  • 結果に failed メッセージが表示された場合、CID の不一致が修正されていないか、スナップショット階層にまだ不一致があります。
  • -e オプションを実行するには、仮想マシンをパワーオフする必要があります。パワーオフしないと、次のエラーが返されます。
    Failed to lock the file (16392)Disk chain is not consistent : Failed to lock the file (16392)

代替手順

この時点で、発生した変更が最小限のものであった場合、仮想マシンは正常に起動するはずです。スナップショットで何が発生したかに応じて、ゲスト OS にさまざまな症状が見られる可能性があります。

ただし、仮想マシンが使用できる状態にない場合は、バックアップ コピーからのリストアが必要になることがあります。バックアップ コピーがない場合、古いディスクで仮想マシンを起動することを検討できます。

:提供されている例で参照される仮想ディスクは examplevm-000002.vmdk です。必要に応じて、仮想マシンの構成ファイルを変更して、 examplevm-000001.vmdk から起動されるように変更し、examplevm-000002.vmdk を永続的に無効にすることができます。これにより、ゲスト OS が目的どおりに続行しますが、examplevm-000002.vmdk 差分ファイルに含まれているすべての情報が失われます。

VMware ESX または VMware コマンドライン インターフェイスにログインし、仮想マシンの構成ファイルを編集したり、データストアからファイルをコピーし、テキスト エディタを使用して別のシステムで編集することもできます。

このトピックの詳細については、「Editing configuration files in VMware ESXi and ESX (1017022)」を参照してください。

続行できない場合、VMware テクニカル サポートにサポート リクエストを提出してください。詳細については、「Filing a Support Request in My VMware (2006985)」を参照してください。

この記事の内容は、「そのままの状態で」提供されるものであり、適用法で許可される限り、VMware は、特定の目的に関する適性、商品性あるいは非侵害性を含め、この内容に関する明示的あるいは黙示的な表明および保証を一切放棄します。VMware は、直接的、間接的、結果的損害、事業利益の損失または特別損害を含め、この内容の使用に関連して発生するいかなる損害についても、責任を負うものではありません。これは、VMware が当該の損害の可能性について示唆されていた場合にも適用されます。 

Additional Information

  • 仮想マシンがパワーオフされ、スナップショットの統合が試行される場合、vmware.log ファイルには障害の理由は含まれません。この場合、hostd.log ファイルは、影響を受けた仮想マシンが登録されている ESXi ホストの /var/log/ に置かれます。

    ESXi 5.x では、ログを確認する代わりに、vmkfstools -e コマンドを使用して、問題を迅速に識別します。

    エラーには、親と子が影響を受けていることが示されます

    例:

    # vmkfstools -e APU-ESB-01-000001.vmdk
    Disk link /vmfs/volumes/5303d209-b32fa2a0-edb9-0017a477c480/APU-ESB-01_1/APU-ESB-01-000001.vmdk successfully opened.
    Disk link /vmfs/volumes/5303d209-b32fa2a0-edb9-0017a477c480/APU-ESB-01_1/APU-ESB-01-000002.vmdk successfully opened.
    Disk link /vmfs/volumes/5303d209-b32fa2a0-edb9-0017a477c480/APU-ESB-01_1/APU-ESB-01.vmdk successfully opened.
    Cannot establish parent(/vmfs/volumes/5303d209-b32fa2a0-edb9-0017a477c480/APU-ESB-01_1/APU-ESB-01.vmdk)-child(/vmfs/volumes/5303d209-b32fa2a0-edb9-0017a477c480/APU-ESB-01_1/APU-ESB-01-000002.vmdk) relationship : The parent virtual disk has been modified since the child was created. The content ID of the parent virtual disk does not match the corresponding parent content ID in the child (18)
    Parent link description
    Name: /vmfs/volumes/5303d209-b32fa2a0-edb9-0017a477c480/APU-ESB-01_1/APU-ESB-01.vmdk
    Create Type: vmfs
    Capacity: 26843545600
    Content ID: 1894300628
    Parent Content ID: 4294967295
    Child link description
    Name: /vmfs/volumes/5303d209-b32fa2a0-edb9-0017a477c480/APU-ESB-01_1/APU-ESB-01-000002.vmdk
    Create Type: vmfsSparse
    Capacity: 26843545600
    Content ID: 1894300628
    Parent Content ID: 3919862208
    Disk chain is not consistent : The parent virtual disk has been modified since the child was created. The content ID of the parent virtual disk does not match the corresponding parent content ID in the child (18)

  • このエラーは、VMware Workstation 製品で実行されている仮想マシンでも発生する可能性があります。ここに記載されている方法はその環境で有効ですが、Windows システムの Workstation ユーティリティ vmware-vdiskmanager.exe プログラムを vmkfstools コマンドの代わりに使用する必要があります。

Tags

チャイルドが生成されたのでペーレント仮想ディスクが更新されました、内容ID不一致

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 0 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 0 Ratings
Actions
KB: