Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

ESXi 5.x および ESXi/ESX 4.x のマルチパス ポリシー (2019882)

  • 3 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事 「Multipathing policies in ESXi 5.x and ESXi/ESX 4.x (1011340)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Purpose

この記事では、VMware ESXi 5.x および ESXi/ESX 4.x で使用できる各種パス ポリシーについて説明します。

: これらは、パス選択プラグイン (PSP) といい、パス選択ポリシーとも呼ばれます。

Resolution

これらのパス ポリシーは、VMware ESXi 5.x および ESXi/ESX 4.x で使用できます。

  • 最近に使用 (MRU): VMW_PSP_MRU ポリシーは、システム起動時に検出した最初の作業パスを選択します。このパスが使用できなくなると、ESXi/ESX ホストは別のパスに切り替え、新しいパスを使用可能な間使い続けます。これは、アクティブ/パッシブ アレイから指定された論理ユニット番号 (LUN) のデフォルト ポリシーです。ESXi/ESX はパスを返す場合または返すとき、以前のパスを返しません。何らかの理由で障害が発生するまで、その作業パスを使用し続けます。

    注: preferred フラグは表示されることがあっても、MRU パス ポリシーに適用されず、無視されることがあります。

  • 固定(固定): VMW_PSP_FIXED ポリシーは、指定の preferred パス フラグ(構成されている場合)を使用します。それ以外の場合、システム起動時に検出された最初の作業パスを使用します。ESXi/ESX ホストが preferred パスを使用できないか、パスが使用不可になった場合、ESXi/ESX ホストは別の使用可能なパスを選択します。以前定義された preferred パスが再び使用可能になると、ホストは自動的にこのパスに戻ります。これは、アクティブ/アクティブ ストレージ アレイによって指定された LUN のデフォルトのポリシーです。

  • ラウンド ロビン (RR): VMW_PSP_RR ポリシーは自動パス選択を使用して、使用可能なすべてのパスを順次回転させ、構成された複数のパスにまたがる負荷分散を可能にします。

    • アクティブ/パッシブ ストレージ アレイの場合、アクティブ コントローラへのパスのみがラウンド ロビン ポリシーで使用されます。
    • アクティブ/アクティブ ストレージ アレイの場合、すべてのパスがラウンド ロビン ポリシーで使用されます。

    : Microsoft Cluster Service (MSCS) および Microsoft Failover Clustering 仮想マシンに関連付けられた論理ユニットの場合、ラウンド ロビン ポリシーは、ESXi 5.5 以上のみでサポートされています。

  • アレイの優先順位による固定パス: VMW_PSP_FIXED_AP ポリシーは、ESXi/ESX 4.1 で導入されました。非対称論理ユニット アクセス (ALUA) をサポートするアクティブ/アクティブおよびアクティブ/パッシブ ストレージ アレイに両方で機能します。このポリシーはストレージ アレイに対し、アレイの優先順位を基に優先パスを問い合わせます。優先パスがユーザーによって指定されていない場合、ストレージ アレイは特定の基準を基に優先パスを選択します。

    : VMW_PSP_FIXED_AP ポリシーは ESXi 5.0 から削除されました。ESXi 5.0 の ALUA アレイの場合、通常、MRU パス選択ポリシー (PSP) が選択されますが、一部のストレージ アレイでは Fixed を使用する必要があります。ストレージ アレイに対して推奨される PSP については、『VMware Compatibility Guide』の「Storage/SAN」セクションを参照するか、ストレージ ベンダーに問い合わせてください。

  • これらのパス ポリシーは、VMware のネイティブ マルチパス (NMP) パス選択プラグイン (PSP) に適用されます。サードパーティの PSP には独自の制約があります。
  • ラウンド ロビンはすべてのストレージ アレイでサポートされていません。アレイのマニュアルを確認するか、ストレージ ベンダーに問い合わせて、アレイと構成でラウンドロビンがサポートまたは推奨されているかを確認してください。サポートされていないか不適切なパス ポリシーに切り替えると、LUN への接続の問題が生じることがあります(最悪の場合、障害が発生することがあります)。

警告: パス ポリシーの自動選択は、NMP PSP によって検出されたアレイに基づくため、LUN ポリシーを Fixed から MRU に変更することはお勧めしません。

Additional Information

  • ラウンド ロビン (RR) マルチパス ポリシーには、コマンド ラインで変更できる構成可能なオプションがあります。これらのオプションの一部は次のとおりです。

    • PSP が次のパスに切り替える前に、このデバイスの 1 つのパスで送信されるバイト数。
    • PSP が次のパスに切り替える前に、このデバイスの 1 つのパスで送信される I/O 処理数。

    詳細については、適切なバージョンの VMware 製品の『vSphere Command-Line Interface Installation and Reference Guide』の「Round Robin Operations with esxcli storage nmp psp roundrobin」を参照してください。

Tags

日本語 Japanese

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 3 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 3 Ratings
Actions
KB: