Search the VMware Knowledge Base (KB)
View by Article ID

スナップショット LUN として検出された vSphere の LUN 処理 (1039100)

  • 2 Ratings

Symptoms

免責事項:これは英文の記事「vSphere handling of LUNs detected as snapshot LUNs (1011387)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。


  • データストアがありませんが、ホストに提供された LUN を引き続き確認できます。 

  • VMFS-5 でフォーマットされた LUN を(その名前または UUID で)強制的にマウントする際に、次のようなエラーが表示されることがあります。

    # esxcli storage vmfs snapshot mount -l DEV-LUN03
    No unresolved VMFS snapshots with volume label 'DEV-LUN03' found.


    # esxcli storage vmfs snapshot mount -u 4f1d6367-34a3d2d2-f46b-14feb5cc149a
    No unresolved VMFS snapshots with volume UUID '4f1d6367-34a3d2d2-f46b-14feb5cc149a' found.


  • vmkernel または messages.log ファイルに、次のようなエントリが表示されます。

    LVM: 8445: Device naa.0012345012345678:1 detected to be a snapshot:

    LVM: 8445: Device eui.0017380012020364:1 detected to be a snapshot:
    LVM: 8452: queried disk ID: <type 1, len 17, lun 36, devType 0, scsi 0, h(id) 7683208289187576905>
    LVM: 8459: on-disk disk ID: <type 1, len 17, lun 17, devType 0, scsi 0, h(id) 7683208289187576905>

  • VMFS データストアを強制的にマウントすると、次の症状が発生します。

    • 同じデータセンター内の他のホストで、その VMFS データストアを vCenter Server からマウントできません。

    • vCenter Client のタスク リスト内に表示される「VMFS ボリュームの解決」自動タスクによって次のようなエントリが表示されます。

      Error: Cannot change the host configuration.
      Error Stack
      Call "HostStorageSystem.ResolveMultipleUnresolvedVmfsVolumes" for object "storageVolume" on vCenter Server "MyVC" failed.

      :ここで、storageVolume はデータストアの名前、MyVC は vCenter Server の名前です。

Purpose

この記事には、ESXi/ESX 4.x と ESXi 5.x でのスナップショット LUN の検出の処理方法が記載されています。

Cause

ESXi/ESX 4.0 から、CLI によってスナップショット LUN を処理する必要がなくなりました。再署名操作と強制的マウント操作は GUI によって完全にサポートされ、vCenter Server は再署名操作の後にすべてのホストに対して VMFS の再スキャンを実行します。

スナップショット LUN の問題は、ESXi/ESX ホストが VMFS メタデータ内にあると予期する LUN について、その ID を確認できない場合に発生します。この問題は、SAN ハードウェアの交換、ファームウェアのアップグレード、SAN レプリケーション、DR テスト、および一部の HBA ファームウェアのアップグレードの後に発生します。この問題は、一部の ESXi/ESX ホストを 3.5 から 4.x にアップグレードした場合にも発生します(命名規則が mpx から naa に変わるため)。ただし、このケースはほとんど発生しません。詳細および関連情報は、ESXi/ESX 4.x の場合は『ESX Configuration Guide』、ESXi 5.x および 6.x の場合は『vSphere Storage Guide』の「重複 VMFS データストアの管理」を参照してください。

VMFS データストアの強制的マウントは、次の場合に失敗します。
  • 複数の ESXi/ESX 4.x ホストと 5.x ホストが同じ vCenter Server で管理され、これらのホストが同じデータセンター内に存在しています。
  • VMFS データストアが含まれたスナップショット LUN が、これらのすべての ESXi/ESX ホストに提供されています。
  • これらの ESXi/ESX ホストの 1 つが、このスナップショット LUN に存在している VMFS データストアを強制的にマウントします。
  • 別の ESXi/ESX ホストがこの操作の実行を同時に試みます。
1 つの ESXi/ESX ホストが、スナップショットとして検出される LUN に存在する VMFS データストアを強制的にマウントすると、そのデータストアを表すために、1 つのオブジェクトが vCenter Server データベース内のデータセンター グループに追加されます。

別の ESXi/ESX ホストが同じ VMFS データストアに対して同じ操作の実行を試みると、vCenter Server データベース内の同じデータセンター グループ内にこのオブジェクトがすでに存在しているため、その操作は失敗します。

vCenter Server では、このオブジェクトがすでに存在しているため、その同じデータセンターに存在する他のすべての ESXi/ESX ホストへのこのデータストアのマウントを許可しません。

Resolution

以前の各リリースのスナップショット LUN の処理方法の詳細については、次の記事を参照してください。

ESXi/ESX 4.0 から、CLI によってスナップショット LUN を処理する必要がなくなりました。再署名操作と強制的マウント操作は GUI によって完全にサポートされ、vCenter Server は再署名操作の後にすべてのホストに対して VMFS の再スキャンを実行します。

VMFS ボリュームを ESXi/ESX ホストにマウントするために使用する方法は、次の 3 つがあります。

ESXi 5.x および 6.x

vSphere Client
  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからサーバを選択します。
  2. [構成] タブのハードウェア パネルで、[ストレージ] をクリックします。
  3. [ストレージの追加] をクリックします。
  4. [ディスク/LUN] ストレージ タイプを選択します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. LUN のリストから、[VMFS ラベル] 列にデータストア名が表示された LUN を選択します。

    :[VMFS ラベル] 列にある名前は、その LUN が既存の VMFS データストアのコピーが含まれたコピーであることを示しています。

  7. [次へ] をクリックします。
  8. [マウント オプション] の下に、次のオプションが表示されます。

    • [既存の署名を保持]:LUN を持続的にマウントします(たとえば、再起動後にも LUN をマウントします)
    • [新しい署名の割り当て]:LUN の再署名を行います
    • [ディスクをフォーマット]:LUN を再フォーマットします


      • [ディスクをフォーマット] オプションでは、LUN 上の既存データのすべてが削除されます。
      • 再署名を試みる前に、他のすべてのホスト上のその VMFS ボリュームから実行中の仮想マシンがないことを確認します。これは、それらの仮想マシンが vCenter Server インベントリ内で無効になるおそれがあり、その場合それらのそれぞれのホストに再度登録する必要があるためです。

  9. ご使用のボリュームに必要なオプションを選択します。
  10. [終了準備の完了] ページで、データストアの構成情報を確認します。
  11. [終了] をクリックします。

vSphere Web Client

  1. vSphere Web Client にログインして、vCenter ホーム に移動します。
  2. 左側のメニューで [データストア] をクリックします。
  3. [オブジェクト] タブで、左上の [新しいデータストアの作成] アイコンをクリックします。
  4. データストア名を入力し、必要な場合はデータストアの配置場所を選択します。
  5. VMFS をデータストア タイプとして選択します。
  6. ストレージ デバイスのリストから、[スナップショット ボリューム] 列に特定の値が表示されたデバイスを選択します。

    :[スナップショット ボリューム] 列にある値は、そのデバイスが既存の VMFS データストアのコピーが含まれたコピーであることを示しています。   
  7. [マウント オプション] の下で、ご使用のボリュームに必要なオプション([既存の署名を保持]、[新しい署名の割り当て]、または [ディスクをフォーマット])を選択して、[次へ] をクリックします。
  8. データストアの構成情報を確認します。
  9. [終了] をクリックします。

コマンド ライン

コマンド ラインでは、esxcli コマンドを使用します。
  • スナップショットとして検出されたボリュームを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

    # esxcli storage vmfs snapshot list

    次のような出力が表示されます。

    49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8
    Volume Name: VMFS_1
    VMFS UUID:
    49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8
    Can mount: true
    Reason for un-mountability:
    Can resignature: true
    Reason for non-resignaturability:
    Unresolved Extent Count: 1


  • 再起動後にも持続するスナップショットまたはレプリカ LUN をマウントするには、次のコマンドを実行します。

    # esxcli storage vmfs snapshot mount -l label|-u uuid

    例:

    # esxcli storage vmfs snapshot mount -l "VMFS_1"
    # esxcli storage vmfs snapshot mount -u "49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8"

  • 再起動後には持続しないスナップショットまたはレプリカ LUN をマウントするには、次のコマンドを実行します。

    # esxcli storage vmfs snapshot mount -n -l label|-u uuid

    例:

    # esxcli storage vmfs snapshot mount -n -l "VMFS_1"
    # esxcli storage vmfs snapshot mount -n -u "49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8"


  • スナップショットまたはレプリカ LUN の再署名を行う(ボリュームが再署名の直後にマウントされます)には、次のコマンドを実行します。

    # esxcli storage vmfs snapshot resignature -l label|-u uuid

    例:

    # esxcli storage vmfs snapshot resignature -l "VMFS_1"
    # esxcli storage vmfs snapshot resignature -u "49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8"

  • ボリュームの再署名を行わずにボリュームをマウントする(このボリュームは、ESX ホストが再起動されるとマウントされます)には、次のコマンドを実行します。

# esxcfg-volume -M VMFS_UUID|label

例:

# esxcfg-volume -M "VMFS_1"
# esxcfg-volume -M "49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8"




データストアを vCenter Server に再度表示するために、そのデータストアが提供されているすべての ESXi/ESX ホストに対してストレージ アダプタの再スキャンを実行するか、またはストレージ ビューの更新を実行しなければならない場合があります。影響を受けるデータストアの特定が難しい場合、vSphere Client で、データストアがまだ正しくマウントされている別の ESX/ESXi ホストのストレージ ビューを調べます。これにより、VMFS データストア名を NAA LUN 識別子と関連付けることができます。

ESXi/ESX 4.x

vSphere Client
  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからサーバを選択します。
  2. [構成] タブをクリックします。
  3. ハードウェア パネルで [ストレージ] をクリックします。
  4. [ストレージの追加] をクリックします。
  5. [ディスク/LUN] ストレージ タイプを選択します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. LUN のリストから、[VMFS ラベル] 列にデータストア名が表示された LUN を選択して [次へ] をクリックします。

    :[VMFS ラベル] 列にある名前は、その LUN が既存の VMFS データストアのコピーが含まれたコピーであることを示しています。

  8. [マウント オプション] の下に、次のオプションが表示されます。

    • [既存の署名を保持]:VMFS メタデータは変わりません。ボリュームは再起動後にスナップショットとして検出されます。このデバイスまたは LUN にアクセスする他のすべてのホストは、このボリュームを引き続きスナップショット ボリュームとみなします。(このボリュームを持続的にマウントするには、「コマンド ライン」のセクションを参照してください。)
    • [新しい署名の割り当て]:LUN の再署名を行います
    • [ディスクをフォーマット]:LUN を再フォーマットします


      • [ディスクをフォーマット] オプションでは、LUN 上の既存データのすべてが削除されます。
      • 再署名を試みる前に、他のすべてのホスト上のその VMFS ボリュームから実行中の仮想マシンがないことを確認します。これは、それらの仮想マシンが vCenter Server インベントリ内で無効になるおそれがあり、その場合それらのそれぞれのホストに再度登録する必要があるためです。

  9. ご使用のボリュームに必要なオプションを選択します。
  10. [終了準備の完了] ページで、データストアの構成情報を確認します。
  11. [終了] をクリックします。

コマンド ライン

コマンド ラインでは、esxcfg-volume コマンドを使用します。
  • スナップショットまたはレプリカとして検出されたボリュームを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

    # esxcfg-volume -l

    出力は次のようになります。

    VMFS3 UUID/label: 49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8/VMFS_1
    Can mount: Yes
    Can resignature: Yes
    Extent name: naa.60a98000503349394f3450667a744245:1 range: 0 - 97023 (MB)


    次の例では、データストアの UUID は 49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8 で、その最後のラベルは VMFS_1 です。

  • ボリュームの再署名を行わずにボリュームをマウントする(このボリュームは、ESX ホストが再起動されるとアンマウントされます)には、次のコマンドを実行します。

    # esxcfg-volume -m VMFS_UUID|label

    例:

    # esxcfg-volume -m "VMFS_1"
    # esxcfg-volume -m "49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8"


  • ボリュームの再署名を行わずにボリュームをマウントする(このボリュームは、ESX ホストが再起動されるとマウントされます)には、次のコマンドを実行します。

    # esxcfg-volume -M VMFS_UUID|label

    例:

    # esxcfg-volume -M "VMFS_1"
    # esxcfg-volume -M "49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8"


  • ボリュームの再署名を行う(このボリュームは再署名の直後にマウントされます)には、次のコマンドを実行します。

    # esxcfg-volume -r VMFS_UUID|label

    例:

    # esxcfg-volume -r "VMFS_1"
    # esxcfg-volume -r "49d22e2e-996a0dea-b555-001f2960aed8"




データストアを vCenter Server に再度表示するために、そのデータストアが提供されているすべての ESXi/ESX ホストに対してストレージ アダプタの再スキャンを実行するか、またはストレージ ビューの更新を実行しなければならない場合があります。影響を受けるデータストアの特定が難しい場合、vSphere Client で、データストアがまだ正しくマウントされている別の ESX/ESXi ホストのストレージ ビューを調べます。これにより、VMFS データストア名を NAA LUN 識別子と関連付けることができます。

ESXi/ESX 3.5

  1. VMware Infrastructure Client には、インベントリのホストを選択してください。
  2. [構成] タブをクリックして、[詳細設定] をクリックします。
  3. 左側のペインで [LVM] を選択して、右側のペインで LVM.DisallowSnapshotLUN0 に設定します。

    警告LVM.DisallowSnapshotLUN0 に設定した場合、どのスナップショット LUN も ESXi/ESX ホストに提供しないでください。これは、データの破損が発生する可能性があるためです。詳細については、ご使用の ESXi/ESX バージョンの『SAN Configuration Guide』を参照してください。

  4. すべての VMFS ボリュームを再スキャンします。

    再スキャン後は、すべての VMFS ボリュームが利用できるようになります。

Additional Information

スナップショット LUN をマウントするためのベストプラクティス
  1. 影響を受けるデータストア上にアクティブな I/O が存在しない必要があります。ボリュームに登録されている仮想マシンではデータストアがアンマウントされず、データストアが再署名された後はホスト データベース場所のレコードが正しいものでなくなり、仮想マシンはパワーオンされません。
    I/O がデータストアで発生しないようにするために、次の 2 つのオプションがあります。

    1. Storage vMotion: データストアをメンテナンス モードにし、(任意またはすべてのホストから)Storage vMotion を使用してすべての仮想マシンをデータストアから別のデータストアに移行します。

      または

    2. シャットダウンして登録解除:影響を受けたデータストアに存在するすべての仮想マシンをシャットダウンし、登録解除します。 

  2. すべてのホスト上のデータストアをアンマウントします。
  3. VMFS ボリューム データを含む LUN を選択し、[新しい署名の割り当て] オプションを使用してストレージをクラスタの 1 つのホストに追加します。

    • スナップショット データストアは、再署名されるまで 1 つのホストにのみマウントできます。
    • これはマウントの問題があるホストである必要はありません。
    • 必要に応じてボリューム名を変更します。デフォルトで、データストア名には再署名操作の後に snap- が付きます。

  4. 仮想マシンを再署名されたデータストアからインベントリに追加し直し、パワーオンします。

    主に異なるデータストアに存在するが、一部は再署名されたボリュームに存在する(影響を受けたデータストア上に 1 つ以上のディスクがある)仮想マシンでは、仮想マシン構成から仮想ディスク (vmdk) を削除してから、新規に再署名されたデータストア場所から再追加する必要がある場合があります。

ESXi/ESX ホストで VMFS ボリュームを強制的にマウントする際の重要な注意事項
  • VMFS データストアをマウントできるのは、同じ UUID (つまり、VMFS の署名)を持つマウント済みの別の VMFS データストアと競合しない場合だけです。言い換えれば、元の VMFS データストアが含まれた元の LUN と、そのスナップショット LUN が、ともに ESXi/ESX ホストに同時に提供される場合、その VMFS データストアをそのスナップショット LUN から同じ ESXi/ESX ホストに強制的にマウントすることは許可されません。この場合、そのスナップショット LUN からその VMFS データストアをマウントする唯一の方法は、そのデータストアの再署名を行って、そのデータストア用の新しいラベルを選択することです。
  • 複数の ESXi/ESX ホストが存在するデータセンターでは、1 つのスナップショット LUN 上の 1 つの VMFS データストアは、これらのホストのいずれにも強制的にマウントされます。このデータストアが特定のホストにマウントされている場合、vCenter Server ユーザー インターフェイスを使用して、このデータストアを他の任意のホストに強制的にマウントすることはできません。このデータストアを他のホストにマウントするには、ここまでの手順を使用してください。
  • データストアが vCenter Server で正しくマウントされない場合、ESXi/ESX ホストに直接接続している間にマウントを再試行してください。再署名操作の後にその他のホストでボリュームが表示されます。再署名操作の後にボリュームが表示されない場合、必要に応じて各ホストから手動再スキャンを行ってください。詳細については、「Performing a rescan of the storage on an ESX/ESXi host (1003988)」を参照してください。
VMFS ボリュームをスナップショットとして検出する方法の詳細については、「Snapshot LUN detection in ESX 3.x and ESX 4.x (1011385)」を参照してください。

この記事の翻訳バージョンについては、次を参照してください。

Tags

スナップショット-lun
 
日本語

See Also

Request a Product Feature

To request a new product feature or to provide feedback on a VMware product, please visit the Request a Product Feature page.

Feedback

  • 2 Ratings

Did this article help you?
This article resolved my issue.
This article did not resolve my issue.
This article helped but additional information was required to resolve my issue.

What can we do to improve this information? (4000 or fewer characters)




Please enter the Captcha code before clicking Submit.
  • 2 Ratings
Actions
KB: