Language :

VMware vCenter Server でサポートされる Active Directory のバージョン (2071592)

 Click here to view full document

免責事項: これは英文の記事 「Versions of Active Directory supported in VMware vCenter Server (2071592)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

この記事では、Active Directory が実行されている Windows Server オペレーティング システムではなく、Active Directory Domain Services (AD DS) ドメイン機能レベルに基づいた Active Directory バージョンとの vCenter Server の相互運用性に関する情報が記載されています。
次の表に、サポート対象のドメイン機能レベルを示します。これは VirtualCenter および vCenter Server のバージョンで Active Directory によるユーザー認証が機能するために必要です。適用可能な注を参照してください。


ドメイン機能レベル
Windows 2000 ネイティブWindows Server 2003Windows Server 2008Windows Server 2008 R2Windows Server 2012Windows Server 2012 R2
vCenter Server バージョン1.xはいはいはいはい
いいえ4
いいえ4
2.xはいはいはいはい
いいえ4
いいえ4
4.0
はい3
はいはいはいはい
いいえ4
4.1
はい3
はいはいはいはい
いいえ4
5.0
はい3
はいはいはいはいはい
5.1いいえ
はい2
はいはいはい
いいえ4
5.5いいえ
はい2
はいはい
はい1
はい5

  1. vCenter Server 5.5 に影響する既知の問題については、「Active Directory authentication fails when vCenter Single Sign-On 5.5 runs on Windows Server 2012 and the AD Domain Controller is also on Windows Server 2012 (2060901)」を参照してください。

  2. Active Directory ID ソース (vSphere 5.1)、LDAP サーバ ID ソース (vSphere 5.5) としての Active Directory、または Active Directory (統合 Windows 認証) ID ソース (vSphere 5.5) を使用するため、Windows Server 2003 ドメイン機能レベルが必要です。詳細については、『vSphere 5.1 Security Guide』の「About Identity Sources」を参照してください。

  3. vCenter Server 4.1 または 5.0 に影響する既知の問題については、「Installing vCenter Server 4.1 or 5.0 on a Windows 2008 R2 system fails (1025668)」を参照してください。

  4. この記事の執筆時に vCenter Server の最新バージョンがドメイン機能レベルのリリース前にリリースされたため、vCenter Server バージョンは Active Directory ドメイン機能レベルでの実行はテストされていません。

  5. vSphere 5.5 Update 1 では現在、この Active Directory ドメイン機能レベルはサポートされていません。
関連情報については、Microsoft TechNet の記事「Understanding Active Directory Domain Services (AD DS) Functional Levels」を参照してください。
: このリンクは、2014年 2 月 7 日時点のものです。リンクが切れているのに気づいた場合はご連絡ください。VMware の担当者がリンクをアップデートします。
Versions of Active Directory supported in vCenter Server
Data Conversion
11/6/2019 1:01 AM
Ken LaBelle