VMware ESXi/ESX を操作するときのディスクの識別 (1014953) | VMware KB Language :

VMware ESXi/ESX を操作するときのディスクの識別 (1014953)

 Click here to view full document

免責事項: これは英文の記事 「Identifying disks when working with VMware ESXi/ESX (1014953)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

ESXi/ESX ストレージのトラブルシューティングを実行する場合、特定のディスク、または ESXi/ESX に接続された LUN を識別する必要のあるコマンド ライン ツールを使用できます。この記事では、これらのディスクを識別するさまざま方法を紹介します。

ESXi 5.x/6.0

次のコマンドを使用して、ESXi 内からディスクおよび LUN 情報を収集します:

  • コマンド esxcli storage core path list は、現在 ESXi ホストに接続されているすべての LUN パスの一覧を生成します。

    出力は次のようになります:

    fc.5001438005685fb5:5001438005685fb4-fc.50060160c46036df:50060167446036df-naa.6006016094602800e07ff528b73ae011
    UID: fc.5001438005685fb5:5001438005685fb4-fc.50060160c46036df:50060167446036df-naa.6006016094602800e07ff528b73ae011
    Runtime Name: vmhba0:C0:T0:L23
    Device: naa.6006016094602800e07ff528b73ae011
    Device Display Name: DGC Fibre Channel Disk (naa.6006016094602800e07ff528b73ae011)
    Adapter: vmhba0
    Channel: 0
    Target: 0
    LUN: 23
    Plugin: NMP
    State: active
    Transport: fc
    Adapter Identifier: fc.5001438005685fb5:5001438005685fb4
    Target Identifier: fc.50060160c46036df:50060167446036df
    Adapter Transport Details: WWNN: 50:01:43:80:05:68:5f:b5 WWPN: 50:01:43:80:05:68:5f:b4
    Target Transport Details: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:36:df WWPN: 50:06:01:67:44:60:36:df

    fc.5001438005685fb5:5001438005685fb4-fc.50060160c46036df:5006016f446036df-naa.6006016094602800e07ff528b73ae011
    UID: fc.5001438005685fb5:5001438005685fb4-fc.50060160c46036df:5006016f446036df-naa.6006016094602800e07ff528b73ae011
    Runtime Name: vmhba0:C0:T1:L23
    Device: naa.6006016094602800e07ff528b73ae011
    Device Display Name: DGC Fibre Channel Disk (naa.6006016094602800e07ff528b73ae011)
    Adapter: vmhba0
    Channel: 0
    Target: 1
    LUN: 23
    Plugin: NMP
    State: active
    Transport: fc
    Adapter Identifier: fc.5001438005685fb5:5001438005685fb4
    Target Identifier: fc.50060160c46036df:5006016f446036df
    Adapter Transport Details: WWNN: 50:01:43:80:05:68:5f:b5 WWPN: 50:01:43:80:05:68:5f:b4
    Target Transport Details: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:36:df WWPN: 50:06:01:6f:44:60:36:df


    :特定のデバイスのパス情報を詳細に記述するには(Device: <device>)コマンド esxcli storage core path list -d <device> を使用します。

  • コマンド esxcli storage core device list は、ESXi ホストに現在接続されている LUN の一覧を生成します。

    出力は次のようになります:

    mpx.vmhba0:C0:T0:L0
    Display Name: Local VMware Disk (mpx.vmhba2:C0:T0:L0)
    Has Settable Display Name: false
    Size: 286070
    Device Type: Direct-Access
    Multipath Plugin: NMP
    Devfs Path: /vmfs/devices/disks/mpx.vmhba2:C0:T0:L0
    Vendor: VMware
    Model: Block device
    Revision: 1.0
    SCSI Level: 2
    Is Pseudo: false
    Status: on
    Is RDM Capable: false
    Is Local: true
    Is Removable: false
    Is SSD: false
    Is Offline: false
    Is Perennially Reserved: false
    Thin Provisioning Status: unknown
    Attached Filters:
    VAAI Status: unsupported
    Other UIDs: vml.0000000000766d686261323a303a30


  • コマンド esxcli storage vmfs extent listは各ボリュームのエクステントの一覧を生成し、デバイス名から UUID へのマッピングも提供します。

    出力は次のようになります:

    Volume Name VMFS UUID Extent Number Device Name Partition
    ------------ ----------------------------------- ------------- ------------------------------------ ---------
    esxi-local 4e0d86e1-0db6f826-6991-d8d3855ff8d6 0 mpx.vmhba2:C0:T0:L0 3
    datastore1 4d4ac840-c1386fa0-9f6d-0050569300a7 0 naa.6006016094602800364ce22e3825e011 1
    vmfs5 4dad8f16-911648ca-d660-d8d38563e658 0 naa.600601609460280052eb8621b73ae011 1

  • コマンド esxcli storage filesystem list は、VMFS バージョンを含めて、ESXi ホストに現在接続されている LUN の簡略な一覧を生成します。

    出力は次のようになります:

    Mount Point Volume Name UUID Mounted
    Type Size Free
    ------------------------------------------------- ------------ ----------------------------------- ------- ------ ------------- ------------
    /vmfs/volumes/f98fbd51-d2efb396 ISOs f98fbd51-d2efb396 true NFS 581284225024 181569196032
    /vmfs/volumes/4d4ac840-c1386fa0-9f6d-0050569300a7 datastore1 4d4ac840-c1386fa0-9f6d-0050569300a7 true VMFS-3 9395240960 746586112
    /vmfs/volumes/4e0d86e1-0db6f826-6991-d8d3855ff8d6 esxi-local 4e0d86e1-0db6f826-6991-d8d3855ff8d6 true VMFS-5 294473695232 293884395520
    /vmfs/volumes/4dad8f16-911648ca-d660-d8d38563e658 vmfs5 4dad8f16-911648ca-d660-d8d38563e658 true VMFS-5 1879048192 220200960
    /vmfs/volumes/4e303229-94dedb01-508c-d8d3855ff8d6 4e303229-94dedb01-508c-d8d3855ff8d6 true vfat 4293591040 4290248704
    /vmfs/volumes/f9618575-313f4ef5-943d-d5308d29e876 Hypervisor1 f9618575-313f4ef5-943d-d5308d29e876 true vfat 261853184 128241664
    /vmfs/volumes/12e6c575-9a49251d-634c-1c34f28a0238 Hypervisor2 12e6c575-9a49251d-634c-1c34f28a0238 true vfat 261853184 163708928
    /vmfs/volumes/2da668ef-40e5d96b-90bf-855ddb9c5547 Hypervisor3 2da668ef-40e5d96b-90bf-855ddb9c5547 true vfat 299778048 114704384

  • コマンド ls -alh /vmfs/devices/disks は、特定のストレージ操作について可能性のあるターゲットを一覧表示します。

    出力は次のようになります:

    lrwxrwxrwx 1 rootroot19 Jul 27 16:40 vml.0000000000766d686261323a303a30 -> mpx.vmhba2:C0:T0:L0
    lrwxrwxrwx 1 rootroot21 Jul 27 16:40 vml.0000000000766d686261323a303a30:1 -> mpx.vmhba2:C0:T0:L0:1
    lrwxrwxrwx 1 rootroot21 Jul 27 16:40 vml.0000000000766d686261323a303a30:2 -> mpx.vmhba2:C0:T0:L0:2
    lrwxrwxrwx 1 rootroot21 Jul 27 16:40 vml.0000000000766d686261323a303a30:3 -> mpx.vmhba2:C0:T0:L0:3
    lrwxrwxrwx 1 rootroot21 Jul 27 16:40 vml.0000000000766d686261323a303a30:4 -> mpx.vmhba2:C0:T0:L0:4
    lrwxrwxrwx 1 rootroot21 Jul 27 16:40 vml.0000000000766d686261323a303a30:5 -> mpx.vmhba2:C0:T0:L0:5
    lrwxrwxrwx 1 rootroot21 Jul 27 16:40 vml.0000000000766d686261323a303a30:6 -> mpx.vmhba2:C0:T0:L0:6
    lrwxrwxrwx 1 rootroot21 Jul 27 16:40 vml.0000000000766d686261323a303a30:7 -> mpx.vmhba2:C0:T0:L0:7
    lrwxrwxrwx 1 rootroot21 Jul 27 16:40 vml.0000000000766d686261323a303a30:8 -> mpx.vmhba2:C0:T0:L0:8
    lrwxrwxrwx 1 rootroot36 Jul 27 16:40 vml.02000600006006016094602800364ce22e3825e011524149442030 -> naa.6006016094602800364ce22e3825e011
    lrwxrwxrwx 1 rootroot38 Jul 27 16:40 vml.02000600006006016094602800364ce22e3825e011524149442030:1 -> naa.6006016094602800364ce22e3825e011:1
    lrwxrwxrwx 1 rootroot36 Jul 27 16:40 vml.02000e0000600601609460280052eb8621b73ae011524149442030 -> naa.600601609460280052eb8621b73ae011
    lrwxrwxrwx 1 rootroot38 Jul 27 16:40 vml.02000e0000600601609460280052eb8621b73ae011524149442030:1 -> naa.600601609460280052eb8621b73ae011:1

次は、一部の識別子およびその変換の定義です:

  • naa.<NAA>:<Partition> または eui.<EUI>:<Partition>

    NAA はネットワーク アドレス権限識別子を表します。EUI は拡張一意識別子を表します。この番号はその LUN に一意であることが保証されます。NAA または EUI 識別子は LUN を識別する優先される方法であり、その番号はストレージ デバイスによって生成されます。NAA または EUI は LUN に対して一意であるため、LUN はすべての ESXi ホスト間で同じように表示され、NAA または EUI 識別子は同じままです。これらの規格の詳細については、InterNational Committee for Information Technology Standards (T10) の SPC-3 ドキュメントを参照してください。

    <Partition> は、LUN またはディスク上のパーティション番号を表しています<Partition> が 0 として指定されている場合、1 つのパーティションのみではなくディスク全体を示しています。この識別子は、一般に vmkfstools などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

    例:naa.6090a038f0cd4e5bdaa8248e6856d4fe:3 = LUN naa.6090a038f0cd4e5bdaa8248e6856d4fe のパーティション 3。

  • mpx.vmhba<Adapter>:C<Channel>:T<Target>:L<LUN> または mpx.vmhba<Adapter>:C<Channel>:T<Target>:L<LUN>:<Partition>

    一部のデバイスは上記で説明された NAA 番号を提供しません。こうした状況では、MPX 識別子が ESXi によって生成され、LUN またはディスクを表します。この識別子は、前のバージョンの ESXi の基準名に似た形式になり、mpx. プレフィックスが付きます。この識別子は、上記の NAA 識別子とまったく同じ方法で使用できます。

  • vml.<VML> または vml.<VML>:<Partition>

    VML 識別子は、NAA 識別子および MPX 識別子と置換して使用できます。:<Partition> を追加した場合、上記と同じように機能します。この識別子は、一般に vmkfstools などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

    vml ID を見つけるためには、このコマンドを使用できます:

    vmkfstools -q <vm-disk>.vmdk

  • vmhba<Adapter>:C<Channel>:T<Target>:L<LUN>

    この識別子は、LUN へのパスを識別するためにのみ使用するようになっています。ESXi が 1 つの LUN に関連付けられたパスを検出すると、各パスはこのパス識別子に割り当てられます。LUN も最初のパスと同じ名前を継承しますが、実行時名として使用され、直前で述べた識別子と同じようには使用されません。これは、使用しているホストによって異なる場合があるためです。この識別子は、一般に vmkfstools などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

    例:vmhba1:C0:T0:L0 = アダプタ 1、チャネル 0、ターゲット 0、LUN 0

    :一般に、マルチポート ファイバー チャネル アダプタには各接続用の専用コントローラが備わっているため、各コントローラは異なる vmhba# で表されます。アダプタで同じコントローラへの複数接続がサポートされている場合、異なるチャネル番号で表されます。この表示は、アダプタの機能と直接的に関係しています。

  • <UUID>

    <UUID> は、ボリューム作成時に VMFS ボリュームに割り当てられる一意の番号です。データストアの特定のファイルのフル パスを指定する必要のある構文に含まれている場合があります。

ESXi/ESX 4.x

これらのコマンドを使用して、ESXi/ESX 内からディスクおよび LUN 情報を収集します:

  • コマンド esxcfg-mpath -b は、ESXi/ESX ホストに現在接続されている LUN の簡略な一覧を生成します。

    出力は次のようになります:

    naa.6090a038f0cd4e5bdaa8248e6856d4fe : EQLOGIC iSCSI Disk (naa.6090a038f0cd4e5bdaa8248e6856d4fe)
    vmhba33:C0:T1:L0 LUN:0 state:active iscsi Adapter: iqn.1998-01.com.vmware:bs-tse-i137-35c1bf18 Target: IQN=iqn.2001-05.com.equallogic:0-8a0906-5b4ecdf03-fed456688e24a8da-bs-tse-vc40-250g Alias= Session=00023d000001 PortalTag=1

  • コマンド esxcfg-scsidevs -l は、ESXi/ESX ホストに現在接続されている LUN の一覧を生成します。

    出力は次のようになります:

    mpx.vmhba0:C0:T0:L0
    Device Type: Direct-Access
    Size: 139890 MB
    Display Name: Local ServeRA Disk (mpx.vmhba0:C0:T0:L0)
    Plugin: NMP
    Console Device: /dev/sdb
    Devfs Path: /vmfs/devices/disks/mpx.vmhba0:C0:T0:L0
    Vendor: ServeRA Model: 8k-l Mirror Revis: V1.0
    SCSI Level: 2 Is Pseudo: false Status: on
    Is RDM Capable: false Is Removable: false
    Is Local: true
    Other Names:
    vml.0000000000766d686261303a303a30

  • コマンド esxcfg-scsidevs -m は、ESXi/ESX ホストに現在接続されている LUN の簡略な一覧を生成します。

    出力は次のようになります:

    mpx.vmhba0:C0:T0:L0:2 /vmfs/devices/disks/mpx.vmhba1:C0:T0:L0:2 4c715e5f-48aabce9-2d18-005055860001 0 datastore1
    naa.60060160b4111600624c5b749c7edd11:1 /dev/sdd1 4b178971-55673b38-1285-00235edc7ee5 0 LUN01

  • コマンド ls -alh /vmfs/devices/disks は、特定のストレージ操作について可能性のあるターゲットを一覧表示します。

    出力は次のようになります:

    lrwxrwxrwx 1 root root 19 Oct 16 13:00 vml.0000000000766d686261303a303a30 -> mpx.vmhba0:C0:T0:L0
    lrwxrwxrwx 1 root root 21 Oct 16 13:00 vml.0000000000766d686261303a303a30:1 -> mpx.vmhba0:C0:T0:L0:1
    lrwxrwxrwx 1 root root 21 Oct 16 13:00 vml.0000000000766d686261303a303a30:2 -> mpx.vmhba0:C0:T0:L0:2
    lrwxrwxrwx 1 root root 21 Oct 16 13:00 vml.0000000000766d686261303a303a30:3 -> mpx.vmhba0:C0:T0:L0:3
    lrwxrwxrwx 1 root root 21 Oct 16 13:00 vml.0000000000766d686261303a303a30:5 -> mpx.vmhba0:C0:T0:L0:5
    lrwxrwxrwx 1 root root 36 Oct 16 13:00 vml.020000000060060160b4111600624c5b749c7edd11524149442035 -> naa.60060160b4111600624c5b749c7edd11
    lrwxrwxrwx 1 root root 38 Oct 16 13:00 vml.020000000060060160b4111600624c5b749c7edd11524149442035:1 -> naa.60060160b4111600624c5b749c7edd11:1

次は、一部の識別子およびその変換の定義です:

  • naa.<NAA> または eui.<EUI>

    NAA はネットワーク アドレス権限識別子を表します。EUI は拡張一意識別子を表します。この番号はその LUN に一意であることが保証されます。NAA または EUI 識別子は LUN を識別する優先される方法であり、その番号はストレージ デバイスによって生成されます。NAA または EUI は LUN に対して一意であるため、LUN にはすべての ESX ホスト間で同じ方法が提供され、NAA または EUI 識別子は同じままです。これらの規格の詳細については、InterNational Committee for Information Technology Standards (T10) の SPC-3 ドキュメントを参照してください。

  • naa.<NAA>:<Partition> または eui.<EUI>:<Partition>

    <Partition> は、LUN またはディスク上のパーティション番号を表しています。<Partition> が 0 として指定されている場合、1 つのパーティションのみではなくディスク全体を示しています。この識別子は、一般に vmkfstools などのユーティリティを使用する操作に使用されます。

    例:naa.6090a038f0cd4e5bdaa8248e6856d4fe:3 = LUN naa.6090a038f0cd4e5bdaa8248e6856d4fe のパーティション 3。

  • mpx.vmhba<Adapter>:C<Channel>:T<Target>:L<LUN> または mpx.vmhba<Adapter>:C<Channel>:T<Target>:L<LUN>:<Partition>

    一部のデバイスは上記で説明された NAA 番号を提供しません。こうした状況では、MPX 識別子が ESX によって生成され、LUN またはディスクを表します。この識別子は、前のバージョンの ESXi の基準名に似た形式になり、mpx. プレフィックスが付きます。この識別子は、上記の NAA 識別子とまったく同じ方法で使用できます。

  • vml.<VML> または vml.<VML>:<Partition>

    VML 識別子は、NAA 識別子および MPX 識別子と置換して使用できます。:<Partition> を追加した場合、上記と同じように機能します。この識別子は、一般に vmkfstools などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

  • vmhba<Adapter>:C<Channel>:T<Target>:L<LUN>

    この識別子は、LUN へのパスを識別するためにのみ使用するようになっています。ESX が 1 つの LUN に関連付けられたパスを検出すると、各パスはこのパス識別子に割り当てられます。LUN も最初のパスと同じ名前を継承しますが、実行時名として使用され、直前で述べた識別子と同じようには使用されません。これは、使用しているホストによって異なる場合があるためです。この識別子は、一般に vmkfstools などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

    例:vmhba1:C0:T0:L0 = アダプタ 1、チャネル 0、ターゲット 0、LUN 0。

    :一般に、マルチポート ファイバー チャネル アダプタには各接続用の専用コントローラが備わっているため、各コントローラは異なる vmhba# で表されます。アダプタで同じコントローラへの複数接続がサポートされている場合、異なるチャネル番号で表されます。この表示は、アダプタの機能と直接的に関係しています。

  • /dev/sd<Device Letter> または /dev/sd<Device Letter><Partition>

    この命名規則は、VMware 独自のものではありません。この規則は、サービス コンソールと、サービス コンソールに付随するオープン ソース ユーティリティのみで使用されます。<Device Letter> は LUN またはディスクを表し、起動中にサービスによって割り当てられます。オプションの <Partition> は、LUN またはディスク上のパーティションを表しています。これらの命名規則は、ESX ホストごとに変わる場合があり、ストレージ ハードウェアが置換された場合に変わる場合があります。この識別子は、一般に fdisk および dd などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

    :VMware ESXi にはサービス コンソールがありません。ディスクは VML 識別子によって参照されます。

  • <UUID>

    <UUID> はボリュームの作成時に VMFS ボリュームに割り当てられる一意の番号です。データストアの特定のファイルのフル パスを指定する必要のある構文に含まれている場合があります。

ESXi/ESX 3.x

これらのコマンドを使用して、ESXi/ESX 内からディスクおよび LUN 情報を収集します。

  • コマンド esxcfg-mpath -l は、ESXi/ESX ホストに現在接続されている LUN の簡略な一覧を生成します。

    出力は次のようになります:

    Disk vmhba32:0:0 /vmfs/devices/disks/vml.020000000060060160c0521501065cacf13f9fdd11524149442035 (512000MB) has 2 paths and policy of Most Recently Used
    iScsi sw iqn.1998-01.com.vmware:esxhost-41e85afe<->iqn.1992-04.com.iscsi:a0 vmhba32:0:0 Standby preferred
    iScsi sw iqn.1998-01.com.vmware:esxhost-41e85afe<->iqn.1992-04.com.iscsi:b0 vmhba32:1:0 On active

  • コマンド esxcfg-vmhbadevs -m は、ESXi/ESX ホストに現在接続されている LUN の簡略な一覧を生成します。

    出力は次のようになります:

    vmhba1:0:0:3 /dev/sda3 48f85575-5ec4c587-b856-001a6465c102
    vmhba2:0:4:1 /dev/sdc1 48fbd8e5-c04f6d90-1edb-001cc46b7a18
    vmhba2:0:3:1 /dev/sdb1 48fbd8be-b9638a60-aa72-001cc46b7a18
    vmhba32:0:1:1 /dev/sde1 48fe2807-7172dad8-f88b-0013725ddc92
    vmhba32:0:0:1 /dev/sdd1 48fe2a3d-52c8d458-e60e-001cc46b7a18

  • コマンド ls -alh /vmfs/devices/disks は、特定のストレージ操作について可能性のあるターゲットを一覧表示します。

    出力は次のようになります:

    lrwxrwxrwx 1 root root 58 Oct 16 12:54 vmhba2:0:3:0 -> vml.0200030000600805f300124a90ca40a0bcd05c00294d5341313030
    lrwxrwxrwx 1 root root 60 Oct 16 12:54 vmhba2:0:3:1 -> vml.0200030000600805f300124a90ca40a0bcd05c00294d5341313030:1
    lrwxrwxrwx 1 root root 58 Oct 16 12:54 vmhba2:0:4:0 -> vml.0200040000600805f300124a9006d5bbdeb08b002a4d5341313030
    lrwxrwxrwx 1 root root 60 Oct 16 12:54 vmhba2:0:4:1 -> vml.0200040000600805f300124a9006d5bbdeb08b002a4d5341313030:1
    lrwxrwxrwx 1 root root 58 Oct 16 12:54 vmhba2:1:3:0 -> vml.0200030000600805f300124a90ca40a0bcd05c00294d5341313030
    lrwxrwxrwx 1 root root 60 Oct 16 12:54 vmhba2:1:3:1 -> vml.0200030000600805f300124a90ca40a0bcd05c00294d5341313030:1
    lrwxrwxrwx 1 root root 58 Oct 16 12:54 vmhba2:1:4:0 -> vml.0200040000600805f300124a9006d5bbdeb08b002a4d5341313030
    lrwxrwxrwx 1 root root 60 Oct 16 12:54 vmhba2:1:4:1 -> vml.0200040000600805f300124a9006d5bbdeb08b002a4d5341313030:1

次は、一部の識別子およびその変換の定義です:

  • vmhba<Adapter>:<Target>:<LUN>

    この識別子は、LUN または LUN へのパスを識別するために使用できます。ESXi/ESX が 1 つの LUN に関連付けられたパスを検出すると、各パスにこの識別子が割り当てられます。LUN 全体は、最初のパスと同じ名前を継承します。LUN 全体にこの識別子を使用する場合、識別されたものは基準名と呼ばれます。この識別子がパスに使用されると、パス名と呼ばれます。これらの命名規則は ESXi/ESX ホストごとに変わる場合があり、ストレージ ハードウェアが置換された場合に変わる場合があります。この識別子は、一般に vmkfstools などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

    例:vmhba1:0:0= アダプタ 1、ターゲット 0、LUN 0。

  • vmhba<Adapter>:<Target>:<LUN>:<Partition>

    この識別子は、基準名のコンテキストで使用され、LUN またはディスク上のパーティションを識別するために使用されます。基準名に加えて、:<Partition> が識別子の末尾に追加されます。<Partition> は、LUN またはディスク上のパーティション番号を表しています。<Partition> が 0 として指定されている場合、1 つのパーティションのみではなくディスク全体を識別します。これらの命名規則は ESXi/ESX ホストごとに変わる場合があり、ストレージ ハードウェアが置換された場合に変わる場合があります。この識別子は、一般に vmkfstools などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

    vmhba1:0:0:3 = アダプタ 1、ターゲット 0、LUN 0、パーティション 3。

  • vml.<VML> または vml.<VML>:<Partition>

    VML 識別子は、基準名と置換して使用できます。:<Partition> を追加した場合、上記と同じように機能します。この識別子は、一般に vmkfstools などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

  • /dev/sd<Device Letter> または /dev/sd<Device Letter><Partition>

    この命名規則は、VMware 独自のものではありません。この規則は、サービス コンソールと、サービス コンソールに付随するオープン ソース ユーティリティのみで使用されます。<Device Letter> は LUN またはディスクを表し、起動中にサービスによって割り当てられます。オプションの <Partition>は、LUN またはディスク上のパーティションを表しています。これらの命名規則は、ESX ホストごとに変わる場合があり、ストレージ ハードウェアが置換された場合に変わる場合があります。この識別子は、一般に fdisk および dd などのユーティリティを使用した操作に使用されます。

    :VMware ESXi にはサービス コンソールがありません。ディスクは VML 識別子によって参照されます。

  • <UUID>

    <UUID> はボリュームの作成時に VMFS ボリュームに割り当てられる一意の番号です。データストアの特定のファイルのフル パスを指定する必要のある構文に含まれている場合があります。
マウントされた仮想ボリュームまたは NFS v4.1 ボリュームを識別するため、追加の esxcli storage コマンドは ESXi 6.0 で使用できます。詳細については、次の項目を参照してください。
Identifying disks when working with VMware ESXi/ESX
3/16/2016 12:00 AM
GSS_Infrastructure
Informational
General Availability